番組情報
映画・ドラマ

<BSフジ金曜シアター>映画『卍』


次回の放送予定

2016年11月18日(金) 22:00~23:55



一人の美しい女性をめぐって一人の女と二人の男が愛情をささげる異常な愛の世界を描く。谷崎潤一郎の同名代表作を映画が製作された当時の時代に合わせて撮影。若尾文子・岸田今日子ら豪華出演者の熱演に注目。

<あらすじ>
 秘かに奈良の奥山に入った二人の女性が散策を楽しんでいた。彼女たちの手はしっかりと握られ、時々顔を見合わせてはどちらからともなく微笑みかける。二人のうちの一人、徳光光子(若尾文子)は男女問わずひきつける不思議な魅力を持ち、情熱的な眼が印象的な女性。そしてもう一人は弁護士・柿内孝太郎(船越英二)の妻で和服がよく似合う、小悪魔的なチャーミングさを持つ柿内園子(岸田今日子)だった。
 この二人は強く愛し合う関係で、第三者に異様と感じられることも彼女たちにとっては至極当たり前のことだった。ところが光子には、綿貫栄次郎(川津祐介)という情夫がおり、それを知った園子は激しい悔し涙にくれ、裏切られた腹いせに光子の手を切ろうとする。
 しかし、光子に身も心も奪われてしまった園子は、光子の仕掛けた罠にひっかかり、またよりを戻してしまうのだった。
 一方、園子と光子の様子を心配した綿貫は、光子への愛を二人で分け合おうと園子に持ち掛け、誓約書に印鑑を押させた。そして光子、その子、綿貫の奇妙な三角関係が生まれたのだった。
(1964年・大映)

出演者・スタッフ
<出演者>
若尾文子
岸田今日子
川津祐介
船越英二
ほか
<スタッフ>
原作:谷崎潤一郎
脚本:新藤兼人
監督:増村保造