2012年9月28日(金)22:55~23:00

#26 照明デザイナー
 高さ634mを誇る東京スカイツリー。そんな世界一の自立式電波塔を淡い光で彩り、幻想的な世界を紡ぎ出した職人がいる。今回のマエストロ・戸恒浩人。様々なライティングを手掛ける照明デザイナーである。  これまで戸恒は商業施設や庭園など、300件以上のライティングを手掛けてきた。その照明デザインの原点は、少年時代を過ごしたベルギーにあるという。  戸恒は独立後わずか2年で大きなチャンスを掴む。スカイツリーの照明コンサルタントに抜擢されたのだ。巨大プロジェクトの重圧のなか、江戸に関する文献を読み漁り、デザインを模索した戸恒。するとひとつのキーワードに行きついた。それは、富士山だった。  スカイツリーは柱の周りを鉄骨が囲む独特の構造を持つ。戸恒はそれを、江戸の人々の心意気と美意識になぞらえ、2種類のライティングで表現した。そのテーマは「粋」と「雅」。  大仕事を終えた今も、戸恒は50以上の仕事を抱え、日夜、光と向き合っている。そんな照明デザイナー・戸恒浩人の普段力
――それは、伝わる言葉になるまで光を磨きあげること!