2012年6月15日(金)22:55~23:00

#11 ばね職人
 スカイツリーの開業で賑わう東京・墨田区。 ここに世界からも注目される職人がいる。 今回のマエストロ、楓岡武之さん。この道48年の「ばね職人」だ。
数々の受賞歴を持ち、これまでに1万種類を越える産業機械用の「ばね」を作り上げてきた。現在、50社にも及ぶ企業の発注をたった1人で請け負っている。そこには半世紀近く職人として生きる信念がある。
 そんな職人気質の彼に、14年前、ある転機が訪れた。 それは一人のデザイナーとの出会い。ばねのデザイン商品化を持ちかけられたのだ。 「ばね」は美しい。その言葉が職人魂に火をつけた。 新たな「ばね」の魅力がデザイン化され商品となる。
なかでも「ばね」の間にメモを挟める「haneペーパーホルダー」はモダンアートの殿堂・MoMAの選定商品となり、世界中で販売される商品となった。 さらに、スカイツリーをデザインした最新作も大好評だ。 そんな「ばね」の可能性に挑戦し続ける
ばね職人・楓岡武之さんの普段力。 それは、「縁の下の力持ちであり続けること」!