2012年6月8日(金)22:55~23:00

#10 刺繍職人
 大相撲の力士を彩る化粧まわし。 歴史に名を刻む名力士たちの化粧まわしを作り続ける職人がいる。 今回のマエストロ手刺繍職人 服部元明さん。 手刺繍一筋56年。

 ミシンが当たり前となった今でも手縫いにこだわる理由とは? この道に飛び込んだのは15歳のとき。修行時代は言われたことをこなすだけで精いっぱいだった。だが、あるきっかけが、仕事に対する考え方を変えた。 それが、化粧まわしとの出会い。職人の腕が試される自分にしかできないことをやろうと思った。しかし、手掛けるのは化粧まわしだけにとどまらない。 数々の学校の校旗や優勝旗、さらにこの日手掛けていた競馬の優勝旗も服部さんの作品。
 去年、優れた職人のみに贈られる東京マイスターにも認定された。
 手刺繍職人 服部元明さんの普段力
それは、お客さんに喜んでもらう仕事をする。