2012年4月27日(金)22:55~23:00

#4 日本最後のセルロイド玩具職人 平井英一
 今ではほとんど見かけなくなったセルロイド人形。そんな昔懐かしい人形を作りつづけるマエストロがいる。 セルロイド玩具職人平井英一さん65歳。 なぜセルロイドにこだわるのか?
 戦後間もない彼の幼少期には、セルロイド人形の全盛期。近所にも多くの工場があった。 しかし時代の流れとともにセルロイド人形は姿を消していく。 そして14年前、転機が訪れる。
あることがきっかけで、長年途絶えていたセルロイド人形作りが復活した。
 彼の作るセルロイド人形は、全て手作り、一人で作業するため、一日で10体作るのが限界だという。完全に同じものが無いのが味なのだ。

 伝統を守り継続すること。
それが、セルロイド玩具職人 平井英一さんの普段力。