2012年4月20日(金)22:55~23:00

#3 フィギュアスケートブレードシャープニングマイスター 坂田清司
 数々の一流フィギュアスケーターたちの活躍を陰で支える一人のマエストロがいる。
 シャープニングマイスター・坂田清司さん65歳。 その仕事は、スケート靴の刃を磨く。 一流の選手たちがこぞって坂田さんの元を訪れるのは何故か?
 繊細さが要求されるフィギュアスケート。刃の調整だけでなく、靴のゆがみを直したり、靴全体のコンディションを整えるのも仕事。彼は、“靴のソムリエ”なのだ。 選手たちが信頼する、彼にしか出せない刃の滑らさ、それを可能にしたのはある発見だった・・・。
 常になぜ?と疑問を持ち、進化を続けること。
それが、シャープニングマイスター・坂田清司さんの普段力。