第42回
山形県
まちのたね
「灯籠」

今週の“たねをまく人”
柿崎雄一さん
肘折温泉プロジェクト実行委員会

2013年10月21日(月)21:55 〜22:00 初回放送

山形県最上郡にある肘折温泉は、開湯から1200年の歴史を持つ湯治場。
農業を営む人たちが、農閑期になると、ゆっくり骨休めに訪れたり、湯治で長期に滞在したり、他の温泉地とは違った特徴を持つ。
しかし最近では、長期的に訪れる客層が減少しつつある。
そんな肘折温泉で、さまざまなアートプロジェクトや事業を通じて、町を賑やかにしようとする活動がある。その中の人気イベントが今日の“まちのたね”「灯籠」。
古くからの風情を残す温泉地に、若者とアートの力で活気が生まれ、「灯籠」で明るい彩りを添え、町を元気にする。そんな取り組みを紹介する。