#18 3月6日 放送分

 今回の目的地は、群馬県の東部、桐生市周辺。冬場には「赤城おろし」と呼ばれる冷たく強い風が吹く一方、夏場には日本屈指の猛暑地帯としても知られる。
 そんな桐生で生まれた、日本を代表する絹織物が“桐生織物”。その歴史は古く、発祥は今からおよそ1300年前の奈良時代までさかのぼる…。今回は織物のまち、桐生を巡る。

詳細はこちら

監修:小林祐一