番組情報
旅・紀行

<BSフジ名作アーカイブ>『古都浪漫こころ寺巡り』


次回の放送予定

2018年1月21日(日) 17:00~17:55

毎週(日) 17:00~17:55


京都「聖護院門跡」


 多くの人々が訪れる、和歌山、三重、奈良、大阪にまたがる世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」。いわゆる熊野古道は古来、修験道の修行の地とされた熊野三山へ通ずる参詣道だが、実は、京都にも熊野三山と呼ばれる神社がある。
 京都市左京区にある熊野神社と熊野若王子神社。そして、東山区にある新熊野神社。その一つ、熊野神社の近くにある、熊野三山と深く繋がりのある寺院が本山修験宗総本山 聖護院門跡。白河上皇による熊野詣の先達を勤めた僧、増誉が開いた寺。皇室とのつながりも深く、親王や貴族が住職を務める門跡寺院として900年以上の歴史を刻んできた。宮殿を思わせる造りの宸殿や、内部を飾るきらびやかな狩野派の障壁画の数々はこの寺院が代々、高貴な身分の人々を住職として迎え入れてきたことを実感させる華やかさを放っている。
 そういった雅さの一方で、聖護院は厳しい修行をつむ、本山派修験道の総本山としての一面も持つ。明治に入り、一度は存亡の危機にあった修験道の伝統を守り続けている聖護院。門跡寺院であり、本山派修験道の総本山である誇りに満ちているこの寺を巡る。

出演者・スタッフ
<出演者>
ナレーション:近藤サト

番組概要
 この番組では、古都・京都や奈良の寺を中心に、“日本のこころ”が息づく古刹を巡る。それぞれの寺の歴史やドラマ、そして仏教美術など色鮮やかな映像でじっくりと紹介していく。そこには日本人としてのこころのあり方、大切にしていかねばならない価値観を再発見することができる。“日本のこころ”に迫る1時間。