番組情報
情報・ドキュメンタリー

<日曜ぶらり紀行>『小浜島ばあちゃん合唱団パートⅣ~受け継がれる絆~』


次回の放送予定

2016年12月18日(日) 17:00~18:25


東京から2000キロ。沖縄本島から400キロ離れた八重山諸島、小浜島。
ここに元気なばあちゃんたちがいる。
23年前、結成された“敬老組織”「うふだき会」。それがもとになって作られた「小浜島ばあちゃん合唱団」。
小さな島の穏やかな暮らしの中、ばあちゃんたちは80歳になって初めてうふだき会の正式メンバーになれる。
その際にはウエディングドレスを着て入会を祝う。そのユニークさが受けてBBCなど海外メディアも大注目。
ばあちゃん合唱団は2015年「KBG84」という名前でCDデビューもした。

BSフジでは2012年9月に第1弾「小浜島ばあちゃん合唱団」を放送。2014年9月にはパートⅡ「小浜島ばあちゃん合唱団リターンズ」、2016年1月には「小浜島ばあちゃん合唱団パートⅢ~心を一つに~」を放送してきた。

今回のパートⅣでは、歌手で俳優の武田鉄矢が実際に島に渡り、ばあちゃんたちと心の底から会話し、交流し、同じ時間を過ごす。ばあちゃんたちの長寿の秘密に迫り、「人生とは何か」「生きるとは何か」「素晴らしい年の取り方とは何か」を武田自身が考えレポートをする。また、2016年の1月からカメラ取材を続け、冬のキビ刈り、正月の墓参、ばあちゃん合唱団入会式、村を上げての運動会など離島の暮らしも追ってきた。

島にあるのは「昔からの伝統を守る精神」「何事も、おじい、おばあに習う、年功序列の敬老精神」「南国風の、ゆったりとした生き方(ストレスのない暮らし)」だが、最近の特徴は、若い世代や子供も増え、徐々に島の伝統も次世代へ受け継がれつつあることだ。武田は番組の中で、都会では「あれが足りない、これが足りないと生きているがこの島のばあちゃんたちは、欲しいものを減らしながら生きている」と語る。
見終わって心が豊かになる、心が癒される、生き方を考えられる番組をお届けする。

出演者・スタッフ
<出演者>
武田鉄矢

<ナレーション>
武田鉄矢 / 益田由美