各話のあらすじ

第11話「赤帝の子」

始皇帝の皇子や皇女が大勢処刑されると知った公子高は、家族の命を守るために胡亥のもとを訪れ、殉死したいと願い出る。芒トウ山では、盧綰が劉邦と行動をともにした際に経験した不思議な出来事を仲間に話す。劉邦が白い大蛇を一刀両断にし、不思議な老婆から「赤帝の子が白帝の子を殺した」と言われたというのだが…。呉中では項羽が役人の季布、鍾離昧と知り合う一方、武器を密造して楚国復興の準備を進めていた。

あらすじ