各話のあらすじ

第2話「楚人の誇り」

項梁、項伯、項羽は六国の人々と会合を持つが、集まった人々に秦討伐の意志はなかった。怒った項梁はその中のひとりを殺してしまうが、秦の役人・司馬欣は彼らの大義に敬服して3人を逃がす。その後、3人は3年後に江東で会うことを約束し、項梁と項羽は呉越に、項伯は別の地へと別れる。同じころ劉邦は盧綰の借金を肩代わりし、事情を知らない父親から折檻されていた。彼は役所に行く途中、始皇帝の巡幸を目撃し…。

あらすじ