番組情報
時代劇

<時代劇>『剣客商売 第5シリーズ』


次回の放送予定

2017年12月21日(木) 19:00~19:55

毎週(木) 19:00~19:55


第5話「消えた女」


 秋山小兵衛(藤田まこと)が親しくしていた南町奉行所同心が殺された。小兵衛と弥七(三浦浩一)は、下手人と思われる浪人の山口為五郎(野崎海太郎)を追って北千住に行き、ある旅籠を見張った。旅籠には、おみつ(前田愛)という十七、八歳の奉公人がいた。おみつは山口の娘で、彼女を見張っていれば山口が姿を見せるはずだと弥七は言う。
 小兵衛はおみつの顔を見てぼうぜんとなった。二十年前、四谷で道場を開いていた小兵衛は、住み込みで働いていたおたみ(前田愛)という女と男女の仲になった。その後、おたみは小兵衛のところを去ったが、瓜二つのおみつを見て小兵衛は一瞬、自分の子供ではと疑った。
 小兵衛がおみつを見る目が尋常でないことに気づいた弥七は、おみつの出生を調べた。母親はおたみという名だった。小兵衛はいたたまれず、その旅籠に泊まる。おみつは素朴な娘で、板前の修業をする庄太(草野康太)という若者と将来を約束しているらしいが…。

出演者・スタッフ
<出演者>
秋山小兵衛:藤田まこと
秋山大治郎:山口馬木也
佐々木三冬:寺島しのぶ
おはる:小林綾子
四谷の弥七:三浦浩一
おみつ・おたみ:前田愛
庄太:草野康太
不二楼おもと:梶芽衣子

ナレーター:橋爪 功
<スタッフ>
原作:池波正太郎(新潮文庫刊)
音楽:篠原敬介
美術監修:西岡善信
監督:井上昭
企画:能村庸一、武田功
脚本:中村努
制作:フジテレビ 松竹株式会社



番組概要
 池波正太郎原作による人気時代劇「剣客商売」の第5シリーズ。対照的な性格の剣客父子がさまざまな事件に出会い解決して行く姿を、江戸の町の情緒や人情を交えながら描き出す。今回は、大治郎と三冬夫婦に長男・小太郎が誕生し、これまでの小兵衛と大治郎のハードな剣客の世界に新たにアットホームな要素も加わる。