番組情報
時代劇

<時代劇>『剣客商売 第4シリーズ』




次回の放送予定

2017年10月19日(木) 19:00~19:55


第7話「騙された男」


 新婚の秋山大治郎(山口馬木也)と佐々木三冬(寺島しのぶ)のところに、秋山小兵衛(藤田まこと)の旧友で一刀流の達人、学者でもある笠原源四郎(石田太郎)が居候をしていた。さすがに新婚と気づいて退散し、不二楼に移った。
 秋山父子を知る中沢春蔵(矢崎滋)という浪人は、腕は立つが人生に投げやりだ。ある日、中沢は賭場で知り合った平吉(谷口高史)という男から「悪い侍を叩きのめして欲しい」と前金五両を渡され、詳しい事情も聞かずに引き受けた。
 二日後の夜、中沢は平吉に手引きされ、酔って歩いている侍を棍棒で殴って気絶させた。翌日中沢は大治郎を訪ね、借りていた一両を返した。そこに小兵衛と弥七(三浦浩一)が来て、不二楼を出た笠原が、夜道で殺されたと告げる。棍棒のようなもので殴られ、倒れているところを背中から刺された、と言う。中沢は耳を疑った。
 小兵衛と弥七は不二楼に急ぐ。中沢も後を追う。その理由をしどろもどろに「殺されたお方が先生のお知り合いと聞き、座視できないので」と言った。小兵衛と弥七は、中沢の態度が尋常でないのを不審に思った。
 中沢は不運な男だった。剣の腕で将来が期待されていたが、ある日、溺愛していた三歳の娘が、妻が目を離したすきに野良犬に噛まれて死んだ。その自責の念で、妻も川に身を投げて死んだ。以来中沢は、酒びたりの生活となったのだった。
 だが、それでも武士の魂は失っていなかった中沢は、自分が殺人の片棒をかついだことで良心の呵責を感じ、平吉の行方を探そうとするが…。

出演者・スタッフ
<出演者>
秋山小兵衛:藤田まこと
秋山大治郎:山口馬木也
佐々木三冬:寺島しのぶ
おはる:小林綾子
不二楼おもと:梶 芽衣子
四谷の弥七:三浦浩一
板前の長次:木村 元
傘屋の徳次郎:山内としお
およね:江戸家まねき猫
飯田粂太郎:尾上寛之 
中沢春蔵:矢崎 滋
ナレーター:橋爪 功
ほか
<スタッフ>
原作:池波正太郎(新潮文庫刊)
企画:市川久夫 武田 功(松竹) 金井卓也(フジテレビ)
プロデューサー:能村庸一(フジテレビ) 佐生哲雄(松竹)
脚本:田村惠
音楽:篠原敬介 
監督:高瀬昌弘
制作:フジテレビ 松竹株式会社