番組情報
時代劇

<時代劇>『剣客商売 第3シリーズ』




次回の放送予定

2017年7月27日(木) スタート!

毎週(木) 19:00~19:55


第一話「手裏剣お秀」


 秋山小兵衛(藤田まこと)の家に出入りする鰻屋の又六(徳井優)が、長屋の隣の部屋に住む益田忠八(宇梶剛士)ら三人の浪人が物騒な話をしているのを聞いた。品川台町にいる若い女を斬れば五両になる。ただし、旗本三人を散々な目にあわせた腕の立つ女だということだ。話を聞いた小兵衛と女剣士の佐々木三冬(大路恵美)は、品川に急いだ。
 木立の中に「一刀流指南 杉原左内」と大きな看板がかけられていた。 杖にもたれた病身の初老の男・杉原左内(寺田農)と、大柄で化粧っ気はないが色白美人のその娘・秀(遊井亮子)が、農家の若者たちを相手に開いている道場だった。小兵衛が気になったのは、木の幹に何かが突き刺さった跡だった。「蹄」という手裏剣の跡と見た。道場から出て来た秀に小兵衛と三冬は名乗り、秀と三冬の手合わせを申し出る。
 三冬の刀の前に秀の手裏剣が飛びなかなか打ち込めない。いつしか三冬は秀に追い詰められ降参した。今度は小兵衛と三冬の二人で秀と立ち会う。形勢は逆転し、秀は小兵衛に手首を抑えられる。小兵衛は秀に、「これが実戦というものだ。近いうちに三人の旗本が腕利きの助っ人三人を連れてここを襲う。父とともに身を隠した方が良い」と忠告する。しかし秀は「わたくしたち親子はここを死に場所と決めている」と逃げることを拒んだ。何かいわくがありそうだ…。

出演者・スタッフ
<出演者>
秋山小兵衛:藤田まこと
佐々木三冬:大路恵美
おはる:小林綾子
おもと:梶 芽衣子
四谷の弥七:三浦浩一
傘屋の徳次郎:山内としお
杉原秀:遊井亮子
杉原左内:寺田農
益田忠八:宇梶剛士
加藤勝之進:村井克行
鰻屋の又六:徳井優
野口甚太夫:深水三章
大沢勘兵衛:西川鯉之丞
ナレーター:橋爪 功
<スタッフ>
原作:池波正太郎(新潮文庫刊)
企画:市川久夫 能村庸一 武田 功
プロデューサー:遠藤龍之介 保原賢一郎 佐生哲雄
脚本:野上龍雄
音楽:篠原敬介
監督:吉田啓一郎
制作:フジテレビ 松竹株式会社