番組情報
映画・ドラマ

<午後の名作ドラマ劇場>『夏樹静子サスペンス 検事・霞夕子6~不能犯~』




次回の放送予定

2018年7月5日(木) 17:00~19:00


 事件の報告を受けた検事・霞夕子(沢口靖子)は、家族との約束を返上して現場にかけつける。被害者・黒田光彦(高濱正朋)の死体には心臓と腹部に刺し傷があり、ナイフが刺さったまま。その後の調べで、心臓と腹部を刺したナイフが同一のものではないことが発覚した。しかも腹部の傷は死後つけられたものだとわかる。夕子は黒田についてさらに調べを続ける。黒田は2年前、バイクでひき逃げ事故を起こし8歳の女の子の命を奪っていた。黒田は脱法ハーブを使用していた疑いもあったが、服役後、被害者の遺族たちが住む場所からほど近いアパートに再び戻って生活していたのだった。
 夕子、桜木(西村和彦)は事故で命を落とした少女の母親、三吉和佳子(須藤理彩)に会いに行く。三吉夫婦の家には、黒田は一度も謝りに来ることはなかったという。そんなとき、黒田の向かいの家に住む占部明日香警部(神保悟志)の甥(おい)、勝男(藤山扇治郎)から、怪しい人間を深夜に目撃したと聞き出した夕子。そんな中、事件現場にほど近いパチンコ店の防犯映像に、ある初老の男性、重倉覚(三浦浩一)とぶつかり、彼を殴り飛ばす黒田の姿が映っていた。重倉は黒田に向かって「殺してやる」とつぶやいていたという証言も得る。事件の犯人は一体誰なのか。そして何が人々を狂わせたのだろうか…。

出演者・スタッフ
<出演者>
沢口靖子
西村和彦
神保悟志

ダンカン
松原智恵子
鍋本凪々美

石丸謙二郎
清水伸

仁科亜季子
須藤理彩
三浦浩一
飯田基祐
ほか
<スタッフ>
原作:夏樹静子(「深夜の偶然」より)
脚本:吉本昌弘
編成企画:水野綾子(フジテレビ)
プロデューサー:岩﨑文(ユニオン映画)
監督:赤羽博