番組情報
映画・ドラマ

<午後の名作ドラマ劇場>『夏樹静子サスペンス 検事・霞夕子2~無関係な死~』




次回の放送予定

2018年7月2日(月) 17:00~19:00


 猟銃の暴発事故が起きる。猟銃の持ち主、宮田慶吾(川野太郎)は弾丸が入っているとは知らず、手入れをしていた際、誤って銃を暴発してしまったという。その犠牲者となったのは通りがかりの老人・榎木公太郎(山崎満)。誰もが事故と考えたが、検事・霞夕子(沢口靖子)だけは違った。検察事務官・桜木洋一(西村和彦)と共に現場に乗りこんだ夕子を、警視庁捜査一課・占部明日香警部(神保悟志)はうらめしそうな視線で追う。
 早速夕子は、発砲した宮田と被害者の榎木の因果関係を調べることに着手する。警視庁捜査一課・管理官の岩瀬厚一郎(石丸謙二郎)らは、粘り強く捜査を続ける夕子の動きを常に疎ましく思っていた。
 捜査を続けるが、宮田と榎木の因果関係は見つからなかった。その頃、夕子の実家の寺を、安川初音(いしのようこ)という女性が訪れる。痴漢と間違い、宇野雄介という男性を高台から突き落とし、殺してしまうという事件を起こしていた。
 初音は一周忌を迎えた宇野の死を悼んで香典を寺に持って来たのだった。香典を持って来ながら遺族に挨拶もせず帰ってしまった初音、さらに、初音が事故のあと引っ越していること、次第に夕子にとって引っかかる部分が見えてくる。そして、夕子はさらに、宇野の妻・宇野杏子(手塚理美)に話を聞くことに。杏子と会った夕子は大きな勘違いをしていたと、捜査を洗い直すのだった。
 女性たちの悲しい背景に夕子が気付きはじめたところから、事態は大きく動き出す。

出演者・スタッフ
<出演者>
沢口靖子
西村和彦
神保悟志
石丸謙二郎
いしのようこ
川野太郎
ダンカン
松原智恵子
手塚理美
ほか
<スタッフ>
原作:夏樹静子(「路上の奇禍」より)
プロデューサー:岩崎文(ユニオン映画)
脚本:吉本昌弘
監督:赤羽博