第128回 高野淳子さん

128回2017年 8月17日(木)放送

「疲れを感じて…」

 山梨県甲州市。この街の郷土料理・ほうとうのお店を営む高野淳子さん。高野さんの笑顔の秘密は「季節を前に絵手紙を送る事」。
 そんな高野さんも年齢とともに疲れを感じるようになったと言います。
 その改善方法は?

サントリー健康科学研究所 柴田所長

自律神経を整えるオリザプラス

疲れが抜けない原因の一つに、加齢による自律神経のバランスの乱れが考えられます。 自律神経は体中にはりめぐらされており、呼吸や心臓、血流や消化活動など全身の機能をコントロールしています。その自律神経が、加齢やストレスが原因で、バランス良く働かなくなってしまうことがあります。 そんな時は、ゴマと玄米を摂ると良いでしょう。ゴマに含まれるセサミンは、自律神経の働きを調整する作用が確認されています。また、玄米に含まれるオリザプラスという成分も自律神経との関係が注目されています。セサミンとオリザプラスを併せて摂ることで、疲れが改善することが研究でわかりました。 自律神経のバランスが整えば、血行や代謝がよくなります。そうすることで、酸素や栄養素を含んだ血液が全身にいきわたり、体が元気になるのです。