番組情報
情報・ドキュメンタリー

『一滴の向こう側』




次回の放送予定

2018年3月17日(土) 22:00~22:30
毎週(土) 22:00~22:30

前編:3月10日(土) 22:00~
後編:3月17日(土)22:00~


第95回「食べることは生きること」(後編)


<番組全体のみどころ>
 重い病気や障害があり、食事を満足に食べられない…。そんな患者と家族の「おいしい」を支え、笑顔を取り戻す「在宅訪問管理栄養士」がいる。
福岡市のクリニックで働く小渕智子(53)。「心からおいしいと思える食事を患者さんに食べてもらいたい」。その想いから、単なる栄養学理論ではなく“食事による心のケア”を目指して栄養指導にあたっている。1人、1人の患者に寄り添う、彼女の信念に迫る。

<3月17日 見どころ>
 小渕さんが在宅訪問のほかにも訪れる場所がある。それは、重度の障がい者を昼間預かるケアセンターが併設した「小さなたね」というカフェ。ここで患者やカフェに来る客の料理を作っている。「小さなたね」に来る人の中で、小渕さんが成長を楽しみにしている4歳の男の子がいる。彼は、生まれつき気管支の機能が弱い病気。呼吸をしやすくするため喉を切開し特殊な器具を付けていることもあり、今は口から食事をすることができない。春から通園する彼のため、小渕さんは家族と2人3脚で男の子の食事を支えている。

 ある日、クリニックに頭を抱えて悩む小渕さんの姿があった。食欲が減り体重が落ちてきている患者に、好きな料理を食べさせてあげたいと考えていた。美味しいものを食べて喜んでほしい――、彼女の想いは届くのだろうか?

出演者・スタッフ
<出演者>
語り:竹内結子

テーマ曲:有木竜郎
音楽プロデュース:S.E.N.S. Company
<スタッフ>
総合演出:池田睦也
チーフプロデューサー:宗像孝(BSフジ)
プロデューサー:緒方夏子
チーフディレクター:武田晋助
制作協力:スタッフラビ

番組概要
夢に向かって突き進む者、誰かの笑顔のために己を奮い立たせる者、不可能に挑み続ける者

彼らの流した一滴の汗、一滴の涙、そして一滴の想い...
それはいつしか大きなうねりをもった笑顔の大河になる

その向こう側にあるものとは...

 "夢" を"夢"で終わらせず、実現させるために一歩を踏み出し、ガムシャラに頑張る人たちに密着。
1つのテーマを設け、その分野で活躍する人の物語や熱き想いを、ドラマのように連続もので見せる
新たな試みに挑戦する。継続視聴することによって、彼らの"想い""情熱""夢""挑戦"が、
どのように実を結んでいくのか?
 "想い""情熱""夢""挑戦"を描く、ヒューマンドキュメンタリー。