一滴の向こう側

今までの放送

第47回 歩けなくなった動物をもう一度

全国でペットとして飼われている犬や猫は約2千万頭。
病気やケガで歩けなくなったペットを救う1人の男性がいる。動物専門の義肢装具士・島田旭緒。
もう一度歩かせたい。そんな想いで年間2500匹ものペットを救う。
そんな島田の元には、次々と依頼が舞い込んでくる。今回も依頼者の想いに応えることはできるのか?

島田旭緒

動物専門 義肢装具士
身体に障がいを持つ祖父の影響で、
義肢装具の専門学校に通う。
卒業後、人の義肢装具を作る会社に入社するが、
病気やケガで歩けなくなった動物の治療器具が
ないことに気付く。
そして日本初、動物専門の義肢装具を
製作する会社を設立。
今までに1万匹以上のペットを救ってきた。



前編 2016年4月16日(土) 22:00~22:30

 年間2500匹のペットを救う島田。そんな彼に、ある依頼が舞い込んだ。
それは、骨が変形した老犬をもう一度歩かせてほしいというもの。
犬の足の形に合わせ、オーダーメイドで義肢装具を作っていく。
試行錯誤をしながら作業は夜遅くまで続いた。
果たして、島田が作った義肢装具で歩けるようになるのか。



後編 2016年4月23日(土) 22:00~22:30

 島田の元に新たな依頼が。それは、推定16歳で人間でいうと80歳にもなる老犬。
体の筋力が弱り、もう1年以上自分の力で立つことができず、寝たきりの状態が続いていた。 実はこの老犬、10年前に保護された元野良犬。
最初は全く懐かなかったが、いつしか飼い主にとって家族同然の存在に…。
生きている限り、最後まで自分の足で歩いてほしい。
そしてもう一度、元気に歩く姿を見たいと願う飼い主の想いに答えようと試行錯誤する島田。 果たして…