一滴の向こう側

今までの放送

第44回 世界が絶賛する芝職人の技

全米視聴率は45%を超え世界中が熱狂する世界最高峰のスポーツイベント「NFL スーパーボウル」。
そのグラウンドを作るおよそ30人のグラウンドキーパーの中に1人の日本人がいる。彼の名は池田省治。
これまで21年に渡りスーパーボウルの芝を作ってきた芝のスペシャリスト。
池田は、JリーグFC東京のグラウンドを作り、駅伝の強豪・青山学院大学陸上競技部のグラウンドにも関わってきた。
さらに、被災地・福島などの学校の校庭を芝生化する活動など、日本スポーツの発展のために天然芝の普及に務めている。
「最高のフィールドから最高のプレーが生み出される。」アスリートたちの夢を影で支える男の想いとは…

池田省治

芝職人(63歳)
NFLスーパーボウルのグラウンド作りに
21年間に渡り携わる。
世界が認めた日本人グラウンドキーパー。
現在は日本全国21ヵ所のグラウンドを
管理している。



前編 2016年3月5日(土) 22:00~22:30

 池田の日課は、芝1本1ミリの状態をチェックすること。
芝に無償の愛を注ぎ、手塩にかけて育てている。
Jリーグ FC東京のホームスタジアム“味の素スタジアム”で試合に向けてグラウンド作りが始まる。そこにも池田の強いこだわりが…。
そんな彼が被災地・福島の小学校の校庭を土から芝生に変えようと動き出した。
果たして子どもたちの反応は…。



後編 2016年3月12日(土) 22:00~22:30

 池田が向かったのは箱根駅伝で2年連続優勝を果たした青山学院大学。
その強さの裏に池田が深く関わっていた。
そして、新たなグラウンド作りに挑む。池田が心配するのは天候。
雪が降ってしまってはグラウンドに芝を張ることは出来ない。
そんな時に、大雪が降ってしまう。
果たしてグラウンドは完成するのか?