一滴の向こう側

今までの放送

第43回 大阪名物 八老劇団

大阪府八尾市。ここに、少し変わった劇団がある。
60歳以上の人だけが入団できる、平均年齢74歳のおじいちゃんとおばあちゃんだけの劇団。
全員素人だが、関西・こころの賞や八尾市広報賞など、数々の賞を受賞している。
そんな劇団を率いるのが、浜田澄子。彼女の演出方法はスパルタ。お年寄り相手にも容赦はなし。
必死に稽古を重ねる劇団員たち。彼らには、夢の舞台が待っていた。

浜田澄子

八老劇団
現在75歳。八老劇団の演目において、
脚本・演出を手掛ける。1973年、大阪府八尾市の
福祉会館で嘱託職員だった浜田は、
八老劇団の設立に携わる。
1988年から主宰を務める。



前編 2016年2月20日(土) 22:00~22:30

 八老劇団が、今稽古しているのは2ヵ月後に迫った舞台「つぼ騒動」。
脚本は浜田のオリジナル。
劇団員たちは全員高齢者のため、セリフや動きが中々覚えられない。
しかし浜田は、甘えを許さない。
なぜ彼女はそこまで厳しくするのか。
そこには亡き母へのある後悔が…。



後編 2016年2月27日(土) 22:00~22:30

 舞台本番まであと1ヵ月のため稽古に熱が入る。
しかし、一番の見せ所が中々上手くいかない。
1人自宅で悩む浜田。
そして、迎えた本番当日、大勢の観客が会場に。
果たして、楽しませることができるのか?
いよいよ八老劇団の舞台が始まる。