一滴の向こう側

今までの放送

第33回 お腹も心も満腹 人情食堂

 夜間往診専門の獣医師、梅原英輝。
かかりつけ獣医が休診、飼い主の方に移動手段がない等の理由で、夜間に診療を受けられないペットを往診するために、夜間、車で駆け回っている。
診療する動物は、犬・猫はもちろん、うさぎやモモンガ、亀など様々。
毎晩、梅原の元には様々な症状を抱えたペットへの往診依頼がやって来ていた。

梅原英輝

夜間往診専門の獣医師
夜間に診療を受けられないペットを治療するため、東京・埼玉・千葉を中心に駆け回る。 診療時間は20時~翌5時。一晩中駆け回り、その移動距離は年間で地球1周分にも及ぶ。 元々は、24時間対応の動物病院に勤務していたが、夜間診療の必要性を感じ、 夜間往診専門医となる。

前編 2015年9月5日(土) 22:00~22:30

 今夜も梅原の元に、依頼が来ていた。
ぐったりした患者をなんとか元気にしようと、できるかぎりの処置を施す梅原。
診療が終わるやいなや、すぐに次の依頼が。
梅原は一晩中治療を続けていた。


後編 2015年9月12日(土) 22:00~22:30

 夜間の往診を続ける梅原の元に、1件の依頼が。
患者は、昏睡状態の1匹の老犬。
飼い主は、13年前に殺処分されるかもしれなかったその犬を保護し、
それ以来、大切に育ててきた。
多くの時間を一緒に過ごしてきた、かけがえのない家族。
梅原は救うことができるのか。