一滴の向こう側

今までの放送

第30回 地元の人を元気にし、絆をつくりたい

 アウトドアウエディング。普通のウエディングとは違い、畑の中やキャンプ場、新郎新婦の思い入れのある場所で行う2人らしい自由な結婚式。
そんなウエディングの仕掛け人がいる。柿原優紀。今回手掛けるのは2つ。奥多摩にある廃校になった小学校と、淡路島の公園でのウエディング。
新郎新婦の想いを叶えようと、試行錯誤を重ねていた。

 新潟県南区白根。毎年6月上旬。ここで300年続く伝統のお祭り「白根大凧合戦」が行われる。
川を隔てて、東軍・西軍に分かれ、上空で凧を絡ませて引っ張り合い、相手の綱をちぎれば勝ちという日本最大級の大凧祭り。
その祭りに全てをかける男、役者組というチームのリーダー、大矢拓磨。並々ならぬ闘志を燃やし、大凧合戦に挑む。

 今回の”一滴の向こう側”は4週に渡って、地元の人を元気にし、絆をつくりたいという2つの夢に迫る。

柿原 優紀

新郎・新婦の思い入れのある場所で2人らしい自由な結婚を。そんな想いを形にしよう、と2009年Happy Outdoor Weddingを設立。
畑の中やキャンプ場など様々な場所でのアウトドアウエディングをサポート。
新郎・新婦の夢を叶える他に、受け入れてくれた地域の魅力もウエディングの中に取り入れている。
そんな功績が認められ、地域の魅力を生かしたブライダルコンクール(ふるさとウエディング・コンクール)では昨年ブライダル業界未経験にもかかわらず、「総務大臣賞」を受賞。今回は、2つのウエディングを手掛ける。

大矢 拓磨

新潟県で300年続く「白根大凧合戦」に参戦する役者組のリーダー。2人の息子をもつ一家の大黒柱でもある。
普段は医療事務として働く一方、週末は大凧作りに取り組み、本番には毎年参加。合戦が開催される白根に生まれ育ち、
「凧合戦が1年の始まりであり、締めくくり」と語る。
去年、初めて役者組のリーダーに選ばれたが、1勝もあげることができなかった。
そのリベンジを誓い、今年の合戦に挑む。

第1話 2015年7月11日(土) 22:00~22:30

 新郎新婦が思い入れのある特別な場所で挙げる結婚式。
「アウトドアウエディング」。そんな結婚式を手掛ける柿原。
今回の依頼は、奥多摩にある廃校になった小学校でのウエディング。
新郎新婦には、ここ奥多摩に特別な想いがあった。
それに応えるため、柿原は地元ならではの素材で、装飾作りに取り組む。
果たして、新郎新婦の想いを形にすることはできるのか?

 年に1度、新潟で行われる伝統のお祭りがある。
全13チームが優勝を競う「白根大凧合戦」。
毎年、多くのお客さんが合戦を楽しみに来場する。今年も、その季節がやってきた。
地元を盛り上げたいという想いで、大凧合戦に挑む役者組チームリーダーの大矢。
3月、大凧作りが始まった。まずは、和紙に絵を描く「下絵描き」。
参戦するチームも、それぞれ作業を進めていた。
しかし、大矢率いる役者組は、中々作業が進まない。一体何が原因なのか?


第2話 2015年7月18日(土) 22:00~22:30

 奥多摩で廃校を使ったアウトドアウエディングを手掛ける柿原。
地元の人たちに協力してもらい、結婚式で出す料理の試食会を行った。
しかし、そこには新たな課題が。
日本全国飛び回る柿原。今度は、淡路島でのアウトドアウエディング。
無事、結婚式を成功させることはできるのか?

 他のチームより、人数が少ない大矢率いる役者組。作業を進めるが、中々進まない。
そんな中、大矢にはある秘策が…。それは大凧の軽量化。骨組み部分の竹を削り、
勝負の決め手となる綱も、軽くて強いものに変更。
本番まで2ヵ月。普段は人手不足の役者組。しかし、ある日たくさんの町の人たちが
大凧作りを手伝いに来た。
一気に作業が進む中、大凧にあるアクシデントが発生。果たして何が起きたのか?



第3話 2015年7月25日(土) 22:00~22:30

 淡路島でのアウトドアウエディングを無事成功させ、奥多摩の廃校を使った結婚式を手掛ける柿原。本番まであと1ヵ月をきった中、問題が発生。
招待客の人数が大幅に増え、会場のレイアウトが一からやり直しに。
悩む柿原。時間がない中で、どう解決するのか?果たして無事本番を迎えることができるのか?

 強風によって、大矢率いる役者組の大凧が壊れてしまい、一から作り直す大矢。
そして、やっとの想いで、大凧が完成。遂に合戦本番を迎える。
いよいよ、この日に全てをかける男たちの戦いが始まる。
果たして、大矢は勝って町を盛り上げることはできるのか?


第4話 2015年8月1日(土) 22:00~22:30

 半年かけ、地元の人たちとつくってきた結婚式がいよいよ本番を迎える。
奥多摩の魅力が詰まった会場に新郎・新婦は?
そして、招待客や地元の人たちは喜んでくれるのか?
11年前、廃校になった小学校がいよいよ甦ります。

 遂に迎えた大凧合戦本番。去年、優勝した弁慶組に戦いを挑む大矢。
大空を舞う大凧が絡まり、勝敗を分ける綱引きが始まった。
人数の少ない大矢の組に勝ち目はあるのか?そして次の相手は、去年大矢が惨敗した一心太助組。 町を盛り上げるため、大矢は勝つことができるのか?