一滴の向こう側

今までの放送

水の事故から命を救え 大阪水難レスキュー隊

 大阪市。33の河川に囲まれた“水の都”。
 そこある都島消防署には、河川での水難事故から人の命を救う“水難レスキュー隊”がいる。1分1秒を争う厳しい水難レスキューの現場に密着。
 今回は3週に渡って、水難事故から人々を助けることを使命とした男たちの情熱に迫る。

都島消防署水難レスキュー隊

大阪市の北東部にある。
淀川、大川、寝屋川など主要な河川に囲まれた場所。
2013年6月に結成。
13人が2班体制で24時間水難事故に備えている。



第1話 2015年3月7日(土) 22:00~22:30

 大阪市にある都島消防署“水難レスキュー隊”。河川の水難事故にいち早く駆けつけ救助に挑むスペシャリスト集団。そこを指揮する隊長の朝井。一人でも多くの命を助けるため厳しい訓練を行う。
 一方、入隊して1年目の吉川。先輩たちについて行こうと必死に訓練に臨んでいた。そして、緊急出動が…。



第2話 2015年3月14日(土) 22:00~22:30

 水難レスキュー隊は、大阪湾で実践的な訓練を行う。
 しかし、実践経験のない新人の吉川は、先輩の指示を間違えるというミスを犯す。
 隊長の朝井は、吉川に対して厳しいダメ出し。
 訓練から外してしまう…。


第3話 2015年3月21日(土) 22:00~22:30

 新人の吉川が真冬の淀川に挑む。
 気温5度。川の中は視界50センチ。
 吉川は致命的なミスをしてしまう。
 それは死に直結するほど危険なことだった…。