一滴の向こう側

今までの放送

お年寄りに元気を…~僻地医療とセラピードッグ~

 今回は、お年寄りに元気を与える為に、日本海にある離島で奮闘する若き医師と、人に捨てられ傷ついた犬達を、お年寄りに寄り添うセラピードッグに育てる男性に注目。
 石川県輪島市の沖50キロにある離島・舳倉島(へぐらじま)は別名「海女の島」と呼ばれているが、高齢化が深刻だった。ここにある診療所で、たった1人で海女達の命を守っているのが中島崇志。
 人に捨てられ、殺処分寸前の犬達を救い、お年寄りに寄り添うセラピードッグに育成する活動をしているのが大木トオル。これまで何頭もの捨て犬をセラピードッグに育ててきた。
 お年寄りに元気を与える為に日々奮闘する2人の姿を4週連続でお届けする。

中島崇志

市立輪島病院 消化器内科医
・石川県金沢市出身
・自治医科大学(栃木県)卒業後、県立中央病院での3年間の研修を経て、輪島病院 舳倉診療所勤務。
・舳倉島、別名「海女の島」と呼ばれる島の診療所で島唯一の医師として半年間勤務する。
・将来の夢は「中島先生に診てもらって良かった」と言われるような医師になること。

大木トオル

国際セラピードッグ協会代表
・東京都出身
・東洋人初のブルースシンガーとしてアメリカで活躍。
・認知症や障害のある人に寄り添いケアをするセラピードッグ(治療犬)の育成に携わって36年。
・捨て犬や猫の殺処分ゼロを目指し、殺処分寸前の犬を救出し、セラピードッグに育てる訓練を行っている。
・「傷ついた犬だからこそ人間の傷ついた心を癒すことが出来る」との考えから捨て犬、野犬を育成。

第1話 11月2日(土) 22:00~22:30

 石川県輪島市の沖50キロにある離島・舳倉島にいるたった1人の医師・中島崇志。この島は別名「海女の島」と呼ばれ、約50人の海女達が漁をしている。海女達は昼過ぎに漁を終えると、中島のいる診療所へとやってくる。海女の平均年齢は70歳以上。高齢化が深刻なこの島で、中島は毎日診療を続けていた。しかし、そこには島ならではの苦労が…。
 千葉県松戸市で日々犬の訓練をしている、大木トオル。彼は、人に捨てられ殺処分寸前の犬達を救い、セラピードッグに育成するという活動を行っている。彼が救った多くの犬達は、お年寄りに寄り添い、元気を与えていた。彼のこの活動の裏には、犬に対する強い想いがあった…。

第2話 11月9日(土) 22:00~22:30

 中島は昼休みの時間を利用し、島民たちの体調を聞いて回るのが日課である。診療所を気軽に利用できるよう自ら出向き、声を掛けていく。中島には、いつも気になっている海女さんがいた。彼女は、命にかかわる重い病気を抱えながらもなかなか診療所に顔を見せてくれないのだ。様子を見に港へ行き、さりげなく声を掛けてみる。果たして、中島が気にかけていた海女さんは診療所に足を運んでくれるのか。
 大木が育成している未来のセラピードッグの中に、兄弟犬のサチとフクがいる。サチとフクは福島県の抑留施設で収容されていた被災犬で殺処分を待つ運命だったところを大木が保護したのだ。捨て犬ではなく、人に飼われたことのない野犬をセラピードッグに育てるのは決して楽なことではない。まだまだ野生の本能が抜けないサチとフク。立派なセラピードッグに育てるため、大木の挑戦が続く。

第3話 11月16日(土) 22:00~22:30

 中島は血液検査が必要な海女さんを待っていた。島の診療所では詳しい検査までできないため、診療所で採った血液は本土に送り、メールで検査結果を受け取ることになっている。海女さんが診療所に来たのは、一日一往復の定期船出港時間の30分前。その日のうちに血液を本土に送りたい中島は、看護師の資格を持った奥さんにもサポートをしてもらい、急いで準備に取り掛かる。果たして間に合うのか?
 大木が全国の動物愛護センターなどの施設を周り救い出してきた犬たちの中に、気がかりな一頭がいる。他の犬とは別で暮らしているゆきのすけ。今年5月に保護した新入りで、全く人を寄せ付けない上にキバをむき威嚇する。噛まれることも覚悟の上で、ゆきのすけと向き合い話し続ける大木。心を通わせることはできるのか?

第4話 11月23日(土) 22:00~22:30

 半年間の任期を終え海女の島を離れることになった中島は、家族と共に島のあちこちを訪ねていた。お世話になった人たちへ最後の挨拶。そして、いよいよ島を離れる日がやってきた。片付いた診察室でいつものように海女さんたちの身を案ずる中島。荷物の片付けも終わった後、診療所に突然急患が担ぎ込まれた。
 一方、大木の努力でついにゆきのすけの心に変化が表れた。初めてゆきのすけが、大木を出迎えてくれた上、身体に触れることを許してくれたのだ。そして、福島で被災した野犬の兄弟、サチとフクが初めて老人ホームへ。野犬初のセラピードックになることができるのか?