諍い女たちの位

現代社会に上下関係があるように、清朝の側室たちにも上下関係がありました。彼女たちは皇帝の寵愛を得ることで、位が上がっていきます。位が上がることで、月に支払われる金品も量・質ともに向上し、手中に収める権力も多くなっていきます。また当然位が下がることもあり、側室自身が罪を犯したり、皇帝からの寵愛を失うことなどで降格することがあります。側室の位には名称、人数が定められています。「宮廷の諍い女」の舞台である清の時代は次のように定められています。(左から右に進むごとに位が上がります)

ここでは、最新の登場人物の位を表示しています。各話終了ごとの位は「各回の放送内容」をご覧ください。

  答応
(定数なし)
常在
(定数なし)
貴人
(定数なし)

(6名)

(4名)
貴妃
(2名)
皇貴妃
(1名)
皇后
(1名)
              皇后
皇后
熹貴妃
聖母皇太后
            敦粛皇貴妃
敦粛皇貴妃
※没後に追封
 
          恵貴妃
恵貴妃
※没後に追封
   
        鸝妃
鸝妃
     
敬嬪 敬貴太妃
敬貴太妃
端妃 皇貴太妃
皇貴太妃
淳常在     淳貴人
淳貴人
(没後に追封)
         
祺貴人 祺貴人
祺貴人
(庶民※死没)
曹貴人       襄嬪
襄嬪
(死没)
       
斉妃         斉妃
斉妃
(自殺)
     
葉瀾依       寧嬪
寧嬪
(自殺)
       
欣太嬪
欣太嬪
富察貴人     富察貴人
富察貴人
         
麗嬪       麗嬪
麗嬪
(冷宮送り)
       
采蘋     瑛貴人
瑛貴人
(自殺)
         
余答応
余鴬兒
(死没)
頌芝
喬頌芝
(身分は華妃の宮女)