番組開始から5ヶ月間、一流のエンターテイナーを目指している若者達。いよいよ、その努力の成果をみせるライブ当日を迎える。ラストステージは100人のお客さんが集まらなければパフォーマンスできないというルールだったが、イモトの提案で、復興を応援するチャリティーイベントとする事に。
 お客さんの人数に関わらずパフォーマンスを披露し、チケット代は復興のための寄付にあて、節電のため派手な照明は使用せず最低限の明かりで行なう。
俳優志望の橋本真一は、自ら監督・脚本を担当し劇団仲間と「人と人をつなぐ絆」を描いた芝居を披露。
お笑い芸人志望の雷鳥は、先輩芸人のゴルゴ松本さんやザブングルさんからの応援コメントの他、新しい新体操ネタなどでライブは大爆笑のうちに終了。
ミュージシャン志望の平尾勇志は、全て新曲のライブで集まってくれたお客さんに感謝の気持ちを表現。
モデル志望の淡輪優紀は、年代別のファッションショーを得意のダンスを交えて披露。
俳優志望の大野直樹は、30分以上の一人芝居に挑戦。
お笑い芸人志望のマリカは、得意のアニー以外のネタを含め新ネタだけで勝負。大爆笑でステージを終える。
ミュージシャン志望の藤田恵名は、バンドスタイルでのライブを披露。
そして、中間発表で落ちてしまった泉、水之江、クマムシの3組もステージに上がる。彼らはステージ裏で観客の整理などずっと一生懸命働いてくれていた。
 突然、番組のために集められた、まだプロの卵だった若者たち。たった5ヶ月の間だったが、夢のために精一杯努力を続けてきた。そして、そんな彼らのがんばりを応援してくれる人たちも着実に増えていった。しかし、ここがゴールではなく、夢へのスタート地点に過ぎない。
 今後も夢に向かって突き進んで行く彼らを是非、応援してあげてください。5ヶ月間、応援ありがとうございました。

「青春!イモトの門」 出演者・スタッフ一同
 
  •  
  •