番組情報
映画・ドラマ

<BSフジサスペンス劇場>『日向夢子調停委員事件簿5~高価な代償~』




次回の放送予定

2018年7月27日(金) 12:00~13:58


 澄んだ朝日の中、川の浅瀬に半身を浸すようにして、こときれている男。身体にはひどい暴力を受けたようなあとが残っていた。男の手に握られた1枚の写真には、笑顔の日向夢子(三田佳子)とその男が並んで写っている。男の名は日向善造(梅宮辰夫)。夢子の夫である。およそ15年前のできごとだ。犯人はまだ捕まっていない。
 東京地裁の調停室。夢子は、今日も笑顔で依頼人の相談に乗っていた。しかし、脳裏に浮かぶのは夫、善造の姿だ。事件発生以来、何の手がかりもないまま時が過ぎ、時効まであと83時間。夢子は、密かに自ら犯人を捜し出す決意を固め、3日間の休暇を願い出る。
 一方、ついに念願の弁護士となった織田麻里(坂井真紀)は、殺人罪に問われた男の弁護を請け負い情状酌量の余地を申し立て、殺人罪であるにもかかわらず2年の実刑にとどめることに成功した。達成感を味わう麻里の様子に、複雑な表情を浮かべる夢子。
 ある朝、勝手に供を申し出た麻里を伴い、善造の事件現場に花を手向けに出かけた夢子は、見知らぬ男(ガダルカナル・タカ)がそこで手を合わせているところに出くわす。夢子は思わず声をかけるが、男は無言で立ち去った。事件現場であると同時に思い出の場所でもあるその現場で、様々な思いを巡らせている夢子の様子に、いたたまれなくなった麻里は、そっとその場を離れるが、その時、麻里の背後に猟銃を手にした男たちが現れ…?

出演者・スタッフ
<出演者>
日向夢子:三田佳子
織田麻里:坂井真紀
諸星光一:赤坂泰彦
山本源介:山崎銀之丞
森達彦:森宮隆
男:大鶴義丹
顔にアザのある男:ガダルカナル・タカ
氷室敬吾:北村総一朗
日向善造:梅宮辰夫
ほか
<スタッフ>
原作:西村寿行「高価な代償」
脚本:田中江里夏
企画:荒井昭博、熊谷剛
プロデュース:指田貴行、大庭成子
演出:七高剛
製作:フジテレビ/アズバーズ