番組情報
旅・紀行

<BSフジサンデースペシャル>『全国百線鉄道の旅2時間スペシャル 妙高から北陸へぶらり旅 えちごトキめき鉄道 あいの風とやま鉄道 IRいしかわ鉄道』




次回の放送予定

2017年10月22日(日) 18:00~19:55


今回は、旧北陸本線・旧信越本線(一部)を旅する。
旅の出発点は上越妙高、この駅で北陸新幹線から第3セクターとなったえちごトキめき鉄道に乗り換える。
ホームには観光列車の「雪月花」が待機。この列車は2016年4月に登場したリゾート列車で、超ワイドな窓が特徴。
2016年にグッドデザイン賞、今年はローレル賞を受賞している。
車内では新潟の食材にこだわった料理を提供し、人気の観光列車となっている。
妙高高原駅では、妙高高原いもり池や苗名滝などの自然を満喫する。
二本木駅のスイッチバックは山間を走る鉄道ならではの光景だ。
直江津は、JR信越本線の分岐駅。今では見かけなくなった駅弁の立ち売りの姿もあり
旅情をかりたてる。直江津~市振間は日本海ひすいラインの愛称がつけられている。
沿線には、ひすいの原産地やひすい海岸などがある。
糸魚川はJR大糸線の接続駅。ここから大糸線に乗り換え、姫川温泉に向かう。
山が海に落ちるような地形の親不知海岸。今はトンネルだが旧線は断崖にへばりつくように
線路が敷かれ、その廃線跡も残る。
列車は新潟と富山の県境を越え、あいの風とやま鉄道線に入る。
ランチは蜃気楼で有名な魚津で、郷土料理のバイ飯を頂くことに。
富山では路面電車に乗って、水墨画の美術館やガラスの美術館、また8月に開館した富山県美術館を訪ねる。
そして、高岡では富山県唯一の国宝、瑞龍寺へ。
高岡でJR氷見線に乗って朝日が美しい雨晴海岸や、まるで海の中に温泉があるような氷見の温泉郷へ。
一方、JR城端線戸出には、男の子の節句とされる七夕祭りがある。この伝統的な行事を、訪ねてみることにした。
IRいしかわ鉄道に乗り換えると、まもなく終点の金沢だ。
金沢を散策し、今回の旅を終える。
新幹線では体験ができない「鉄道の旅」が、ここにはある。

出演者・スタッフ
<出演者>
八木早希