番組情報
映画・ドラマ

<あさ韓ドラマ>『華政(ファジョン)』




次回の放送予定

2018年1月19日(金) 09:54~10:59

毎週(月)~(金) 09:54~10:59


第32話


 イヌを問い詰め事実を聞き出した貞明公主は、ジュウォンを捜しに行くが、光海君が王座をかけて火器都監の職人と兵を守るための王命を下したことを知ってしまう。ホンニプは王命に従い朝鮮軍に撤退命令を下そうとするが、ジュウォンは光海君の王座が危うくなると主張し、退却に反対。貞明公主も戦に勝つ方法を考えようと進言すると、ホンニプは鳥銃部隊を全軍で援護して戦うことを決断する。かたや朝鮮では、自分を王にしてほしいと綾陽君から懇願されたジュソンが、キム・リュたちに革命の話を持ち掛ける。そして、綾陽君を次期王に据えることを決断する。

出演者・スタッフ
<出演者>
貞明公主/ファイ 
演:イ・ヨニ(「ファントム」) / 声:生天目仁美 
光海君(朝鮮15代王)
演:チャ・スンウォン(「最高の愛」)/ 声:神奈延年
綾陽君(のちの朝鮮16代王・仁祖)
演:キム・ジェウォン / 声:鳥海浩輔
ホン・ジュウォン
演:ソ・ガンジュン(5urprise) / 声:濱野大輝
カン・イヌ
演:ハン・ジュワン / 声:西谷修一
<スタッフ>
脚本:キム・イヨン
 (「イ・サン」「トンイ」「馬医」)
演出:キム・サンホ
 (「アラン使道伝」「男が愛する時」
   チェ・ジョンギュ
 (「TWO WEEKS」「トライアングル」)
製作:キム・ジョンハクプロダクション
 (「太王四神記」「シンイ-信義-」)


番組概要
 17世紀前半、異母兄の光海君によって慶運宮に追いやられ、6年もの幽閉生活を送った貞明(ジョンミョン)公主。朝鮮第14代王・宣祖と仁穆大妃の間に生まれた嫡流の王女でありながら過酷な運命に翻弄された貞明公主は、その82年の生涯の中で19代王・粛宗まで8人の王の治世を見守った。本作は、貞明公主が長崎の硫黄鉱山で火薬製造を学び、朝鮮に戻って<火器都監>で活躍するというフィクションを織り交ぜ、光海君と仁祖の治世を壮大なスケールで綴った話題作。脚本を手がけたのは、『ホジュン~宮廷医官への道』『馬医』『トンイ』『イ・サン』など数々の人気時代劇を世に送り出してきたキム・イヨン。メイン演出を『私の心が聞こえる?』『アラン使道伝』のキム・サンホが務めた。韓国ドラマ界屈指の一流制作陣がチャ・スンウォン、キム・ジェウォン、イ・ヨニほか豪華キャストを迎え、激動の時代を駆け抜けた男女の熱い人間ドラマを描き出した。
 前半のストーリーを率いるのは、韓国で絶大な人気を誇る名優チャ・スンウォン。初の時代劇ドラマ出演となった本作では、暴君として廃位された光海君という難役に挑戦。そんな光海君の王座を奪おうと画策する仁祖を演じたのは、『ファン・ジニ』から約10年ぶりに時代劇に復帰したキム・ジェウォン。ヒロインのファイこと貞明公主は、『ファントム』『九家の書~千年に一度の恋~』のイ・ヨニ。前半は<火器都監>で硫黄職人として頭角を現す男勝りなファイを溌剌と演じ、中盤からは王女としての気品あふれる美しさと強さを表現してみせた。貞明公主をめぐる切ないラブストーリーも必見!少年の頃、貞明公主の婿候補に選ばれたホン・ジュウォンとカン・イヌはいつしか三角関係に…。ホン・ジュウォン役を、『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』でブレイクしたソ・ガンジュン。一方、イヌ役のハン・ジュワンは、『王(ワン)家の家族たち』『朝鮮ガンマン』で注目を浴びた実力派。2015年韓国時代劇最大の話題作をBS初放送! (全65話・二カ国語放送/字幕あり)