番組情報
音楽

<土曜午後スペシャル>『HIT SONG MAKERS 栄光のJ-POP伝説 山上路夫』


次回の放送予定

2016年12月3日(土) 15:00~16:25


 作詞家・山上路夫。作曲家のいずみたくとともに多くのCM楽曲をてがけ、その後「世界は二人のために」の大ヒットにはじまり、次々ヒットを飛ばした。主な楽曲に、「夜明けのスキャット」「水戸黄門のテーマ」「翼をください」「瀬戸の花嫁」「学生街の喫茶店」「ひなげしの花」「私鉄沿線」などがある。
 今回は、山上と縁有るアーティストや作曲家など多くの著名人にインタビューを実施。山上路夫の作詞家人生と、色あせない名曲の数々をたっぷりとお楽しみいただきたい。

出演者・スタッフ
<出演者>
山上路夫さん
【インタビュー】
森山良子さん(歌手)
野口五郎さん(歌手)
小柳ルミ子さん(歌手)
トワ・エ・モワさん(歌手)
村井邦彦さん(作曲家)
鈴木邦彦さん(作曲家)
平尾昌晃さん(作曲家)
山川啓介さん(作詞家)
塩崎 喬さん(スタッフ:渡辺音楽出版~ワーナーパイオニア創設メンバー)
中島二千六さん(スタッフ:元渡辺音楽出版会長)
武田京子さん(スタッフ)

【歌・演奏】
ウィリアムス浩子さん(vo.)
佐山雅弘さん(pf.、arr.)
井上陽介さん(ba.)
柴田 亮さん(dr.)
山田拓児さん(wood winds)
寺井尚子さん(vl.)
M1「世界は二人のために」
M2「学生街の喫茶店」
M3「二人でお酒を」
M4「翼をください」

番組概要
 いい時代だったと人は言う。
 歌謡曲でも演歌でもない、新しい日本のポピュラーミュージックが生まれた時代・・・当時のヒット曲を今聴いても、少しも色褪せて聞こえないのはなぜだろうか?むしろ、今の巷に聞こえてくる楽曲の方が薄っぺらく感じてしまうのはなぜだろうか?
 多分その時代には、現代にはない「何か」があったのだ。
 すべての人が豊かな時代に向けて、夢を見ていた。そして、それを楽しんでいた。だからこそ、そこに現れた素晴らしい歌たちには、「何か」があった。力強いエネルギーがあった。
 これはそんな「いい時代」に確かにあったはずの「何か」を求めて、素晴らしい歌の数々を作り出したSONG MAKER = J-POP MAKERたちを紹介していく番組である。
 彼らは一体どんな気持ちでその歌を作り出したのか。それは時代にとってどんな意味があったのか。VTR構成やインタビューなどでそれらを描きながら、その素晴らしい歌を当時の歌手の方々、現在活躍している若手アーティストたちに歌ってもらう。

「History」
その人物が現れた時代背景や、仕事を始めたきっかけから、曲がヒットする経緯などを、ビックリするような裏話を含めてVTRでご紹介する。
また音楽的にも、その当時にそのSONG MAKERはどのようにして曲を作り出したのか、その曲の数々が音楽界にどのような影響をもたらしたのかなどを分析していく。

「Interviews」
その曲を歌ったアーティスト、担当したプロデューサー、レコード関係者など様々な人々にインタビューを試み、そのSONG MAKERの当時の様子を楽しく描き出していく。
また、その人物の失敗談や意外な人物交友関係など人間味ある話もたくさん取り入れる。

「Music」
そしてもちろん、番組の中心となるのは音楽。当時その曲を歌ったオリジナルのアーティストが登場して歌うこともあれば、今活躍中の若手アーティストがその曲を現代風に解釈して歌うことも・・・。
誰もがそのSONG MAKERに、またその曲に愛情を感じながら歌う光景は、きっと見るものに何かを感じさせることだろう。

この番組を通して、往年のヒット曲を懐かしみながら、当時の人たちがどう生きたかを知ることによって、明日を生きていく何かのヒントを得ていただきたい。

ピックアップ