ワイン販売情報:

 日本未発売ワインを数量限定発売! 
Francis Ford Coppola Winery :(フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー)
地 方: カリフォルニア
地 域: ソノマ・カウンティ
 映画『ゴッド・ファーザー』『地獄の黙示録』など、アカデミー賞を始め、数々の賞に輝いた映画監督のフランシス・フォード・コッポラは1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの一部を購入して以来、カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。ワイン造りは数世代続くコッポラ家の生活の一部で、フランシスの祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていました。現在フランシスが造っているワインはその頃のワインとは異なりますがスピリットは同じです。
 2006年、彼はソノマ・カウンティに新しいワイナリー「Francis Ford Coppola」ワイナリーをオープンしました。そこで昔と変わらないスピリットと情熱で家族や友人と楽しめるワインを造り続けています。ここからコッポラ監督の新しいカリフォルニア・ワインの物語が再び始まります。
  白ワイン
Francis Coppola Diamond Collection Pavilion Chardonnay
(ダイヤモンド・コレクション・パヴィリオン)
ヴィンテージ:2014
 限定 120本 
3,980 円(税別)


【特徴】
凝縮感のあるフルーツとアプリコット、梨とパッションフルーツの風味が特徴。限定生産のシャルドネ。

【詳細】
ダイヤモンド・コレクションのインスピレーションは、コッポラ監督が 1975年に購入したナパ・ヴァレーの土地にあったセラーで見つけた1本の1906ヴィンテージのクラレットでした。監督は新しいラベルをデザインし、1997年に「ブラック・ラベル クラレット」からダイヤモンド・コレクションを発売しました。現在ワイナリーで最も人気のある商品です。今日ではダイヤモンド・コレクションは13品種まで増え、それぞれ鮮やかな色のラベルが付いています。 この「パヴィリオン」は赤ワインの「ブラック・ラベル クラレット」の相方とも言えるワインで、全く同じラベルで白ワインを造りました。ワイナリーを代表する「クラレット」の相方に相応しい高級品種シャルドネの限定生産白ワインです。
  赤ワイン
Francis Coppola Sofia Red
(ソフィア・レッド)
ヴィンテージ:2014

 限定 120本 
3,680 円(税別)


【特徴】
グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルをブレンドした娘ソフィアへの贈り物として造られたワイン。

【詳細】
愛情の祝福から生まれたソフィアは、フランシス・コッポラ監督が、自由奔放でエネルギッシュでかつ魅惑的な娘ソフィアに結婚のお祝いに送ったギフトです。 スパークリング・ワインから始まったソフィア・ブランドは現在では7商品になっています。 全てのワインがソフィアの好み通りに造られ、フレッシュで軽やかでフルーティなスタイルになっています。 ソフィアは画期的でスタイリッシュ、ロマンティックで詩的、そして世界中の女性のライフスタイルやスピリットに捧げられたワインです。
  赤ワイン
Francis Ford Coppola Director’s Cut Cinema
(ディレクターズ・カット・シネマ)
ヴィンテージ:2012
 限定 120本 
6,580 円(税別)


【特徴】
上品な黒いラベルが特徴。ソノマ産のぶどうだけから造られたディレクターズ・カット・シリーズの中でも少量限定生産の赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン、ジンファンデルなどがブレンドされています。

【詳細】
映画界では「ディレクターズ・カット」とは映画作製者の創造的なビジョンを示す物という意味に捉えられています。フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーにおいては、「ディレクターズ・カット」ワインは“ディレクター”であるコーリー・ベックが、典型的なソノマ・ワインを彼自身のユニークな演出を通して造られています。コーリーの「ディレクターズ・カット」へのビジョンは特定のアペレーションと丁寧に選別されたブドウ、何十回ものブレンド試作など多岐に渡ります。それにより、ワインはソノマの気候による明確なニュアンスを得ることができました。上品な料理や高級なワインリストによく合うとても洗練されたワインです。
<直売店>
ワイン・イン・スタイル株式会社
住  所:〒102-0081 東京都千代田区四番町11-3 ヴェネオ四番町 1階