過去の放送内容

2016年5月21日 #56放送内容

  • ▽ショウガ+酢で相乗効果・最強の調味料誕生!
     血液がサラサラに 血管年齢が大幅にダウン
     ダイエット効果も 認知症予防にも効果!?
     あなたの知らないショウガの実力
     詳細はクリック!

    (根本美緒アナが生電話で出産報告。赤ちゃんの名前について)
    根本「華大がいいよって娘たちが言うんです。」
    大吉「根本華大はおかしいですよ。」
    華丸「(みのもんたと共演しているので)もんたは?」
    大吉「根本もんたもやめといた方がいいと思います。」

    大吉「確かあなたは日本に7人しかいない『ショウガ芸人』…」
    華丸「ごあいさつ遅れました。ショウガ芸人です。」

    (ショウガの味噌づけを味見して)
    大吉「ボク、きょうのどが痛かったんですけどショウガ味噌ですっきりしました。またタバコをやめる理由がなくなりました。」

    熱を加えるとショウガの成分が変化することを説明

    (酢ショウガをかけた絹ごし豆腐を試食して)
    華丸「ご提案ですけど、木綿豆腐にした方がいいかも。豆腐が負けてる!」

    (炒め途中のナスを差し替えられて)
    大吉「こんな差替えあります?もうココにありま~す。」

    (華丸のマネして鍋振りを試みる大吉に)
    岸田「火から遠い!」

    おいしい!

    冷え性の女性には強い味方のショウガ。昔から漢方薬の材料としても使われています。
    体温が上がり、代謝も上がるので免疫力を高め、老化を予防するなど体にいい様々な効果があります。ショウガの健康効果の2大成分はジンゲロールとショウガオールです。
    生ショウガにはジンゲロールが多く含まれています。ジンゲロールには血糖値の上昇を抑える働きや脂肪の吸収を抑えるダイエット効果もあります。大事なポイントですが、ショウガは加熱すると健康効果が変わります。加熱するとジンゲロールはショウガオールに変化します。身体を温める効果が倍増するのです。
    最近の研究では、認知症の予防や進行を抑制する効果もあるということがわかってきました。食品医学研究所の平柳要医学博士によると、ショウガは血液や血管に大きな健康効果を発揮、ショウガに含まれるショウガオールの抗酸化作用が、脳の慢性的な炎症を防ぎ、脳卒中を起きにくくし、脳血管性認知症の予防になるというのです。
    そのショウガパワーを何倍にも増加させるのが、お酢です。酢をショウガに加えることでいろんな料理に活用できる健康効果抜群の調味料ができます。
    その効果の中でも特に注目なのが血液をサラサラにする血行促進効果です。体温が上がり、代謝機能や免疫機能も上がります。血管年齢にも大きな変化が!さまざまな悩みを解決できるという「酢ショウガ」、その作り方、簡単にできて効果的なレシピなどをご紹介しました。

    ■スタジオに出演した専門家
    食品医学研究所 所長
    平柳 要(ひらやなぎ・かなめ)

    ■スタジオに出演した料理家
    料理研究家
    岸田 夕子(きしだ・ゆうこ)

    ■番組でご紹介したメニュー
    「酢ショウガ」
    ●材料
    ショウガ・・・200g
    黒酢・・・約200ml
    蜂蜜・・・40g
    ガラスの保存容器

    ●作り方
    ①ショウガを丁寧に水洗いし、水気を取る。
    ②皮がついたままのショウガをみじん切りし、ガラスの保存容器に入れる。
    ③ ②に黒酢(ショウガがちょうど浸る量)を加える。
    ④蜂蜜を入れて混ぜる。
    ⑤冷蔵庫で一晩寝かせれば完成。
    *この状態で約一ヶ月間持ちます。

    「ショウガの炊き込みご飯」
    ●材料(4合)
    ショウガ・・・2かけ
    油揚げ・・・2枚
    塩・・・小さじ1
    しょうゆ・・・大さじ1と1/2
    酒・・・大さじ3
    昆布だし・・・小さじ1

    ●作り方
    ①皮を剥かずショウガを千切りもしくは、みじん切りにする。
    ②油揚げは、さいの目切りにする
    ③米を研ぐ。
    ④塩、小さじ1、しょうゆ大さじ1と1/2、酒大さじ3、昆布だし、
    小さじ1を入れて普通に米を炊く分量分の水を入れて軽く混ぜ、
    ①を上にのせる。
    ⑤炊き上がったら、まぜて出来上がり。

    「ショウガの味噌汁」
    ●材料(4人前)
    ショウガ・・・1かけ
    カブ・・・1個
    味噌・・・お玉半分
    だし袋・・・1つ

    ●作り方
    ①カブはイチョウ切り、ショウガは皮ごと輪切りにする。
    ②鍋に水、出し袋を入れ、輪切りにしたショウガを入れ、火にかける。
    ③沸騰したら、カブを入れる。
    ④具材に火が通ったら、火を止めてお味噌を入れる。
    ⑤仕上げにカブの葉を散らして出来上がり

    「ショウガの味噌づけ」
    ●材料
    ショウガ・・・お好きな量
    味噌・・・200g
    砂糖・・・20g

    ●作り方
    ①ショウガを皮ごと適当な大きさに切る。
    ②味噌と砂糖を混ぜ、ぬか床を作る。
    ③ぬか床の中に①を入れる。
    ④1週間ほど冷蔵庫で寝かせる。

    「酢ショウガで麻婆ナス風」(2人分)
    ●材料
    ナス・・・3本
    ごま油・・・大さじ5
    にんにく・・・1片
    鷹の爪・・・1本
    豚ひき肉・・・100g 水・・・150ml
    片栗粉・・・大さじ1
    水・・・大さじ1(片栗粉用)
    ねぎ・・・1/2本
    <タレ>
    ・酢ショウガ・・・大さじ2
    ・みそ・・・大さじ2
    ・みりん・・・大さじ1(お好みで)

    ●作り方
    ①ナスはヘタを切り取って縦半分に切り、
    さらに縦に四等分のくし形切りにする。
    ② フライパンにごま油大さじ4を中火で熱し、
    ①を入れてしんなりするまで炒めたら、一度取り出す。
    ③ 残りのごま油とみじん切りにしたにんにく、
    半分に切った鷹の爪(種も加える)を入れて中火にかけ、
    香りがたったらひき肉を加えて炒める。
    ④肉に大体火が通ったら、混ぜ合わせたタレを加えて更に炒める。
    水、みじん切りにしたねぎ、②を加えてひと煮立ちしたら、
    水に溶いた片栗粉を加えてとろみをつける。

    ■撮影にご協力いただいた農家
    しょうが、多品目野菜栽培
    サンバファーム
    住所:千葉県山武市横田962-2
    電話:090-8788-9304
    HP:http://sanbafarm.com/

    「酢ショウガ味噌だれ油淋鶏風」(1人分)
    ●材料
    鶏もも肉・・・1枚
    酢ショウガの酢・・・大さじ1
    片栗粉・・・大さじ3~4
    オイル・・・フライパンの底から1㎝くらい
    レタス・・・1/2個
    トマト・・・1個
    <タレ>(2人分くらいできる)
    ・酢ショウガ・・・大さじ2
    ・みそ・・・大さじ2
    ・はちみつ・・・大さじ1 と1/2
    ・ねぎ(みじん切り)・・・1/2本分

    ●作り方
    ① 鶏肉に酢ショウガの酢をもみ込み、30分ほど室温においたあと
    ペーパータオルで軽く水分をふきとり、片栗粉をまぶす。
    フライパンにオイルを中火で熱し、皮を下にして入れカリッとするまで焼く。※裏返して火が通るまで焼く。
    ② 千切りレタスと薄切りトマトを皿に盛りつけ、
    食べやすい大きさに切った①をのせる。
    ③ 混ぜ合わせたタレをかける。(タレは好みの量)

    「酢ショウガ味噌でグリーン炒め」(2人分)
    ●材料
    そら豆・・・10さや
    ズッキーニ・・・1/2本
    アスパラガス・・・4本
    紫玉ねぎ・・・1/2個
    オリーブオイル・・・大さじ2
    <タレ>
    ・酢ショウガ・・・大さじ4
    ・みそ・・・大さじ1

    ●作り方
    ① そら豆は鞘から豆を取り出し、黒と反対の方の皮に包丁で
    くるりと切れ目を入れ、熱湯で2分茹でてざるに上げる。
    粗熱が取れたら、切れ目を入れていない方を指でつまんで豆を出す。
    ② ズッキーニは縦半分に切ってから、1㎝の半月切りにする。
    ③ アスパラは下の方のかたい部分を3㎝ほど切り落とし、
    ハカマをとって長めの乱切りにする。
    ④ 紫玉ねぎは繊維に沿って、1㎝の薄切りにする。
    ⑤フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、②、③、④を入れ
    しんなりするまで炒める。①と混ぜ合わせたタレを加え、軽く炒め合わせる。


バックナンバー