過去の放送内容

2016年7月23日 #65放送内容

  • ▽大豆と緑黄色野菜のいいとこどり!スーパーフード「枝豆」
     -想像以上の枝豆健康パワーとは?
       詳細はクリック!

    暑い日には冷えたビールと、とりあえず枝豆!という方、多いのではないでしょうか。実は、このアルコールと枝豆の組み合わせは、ちゃんと理にかなっていたようです。
    枝豆は、「畑の肉」と呼ばれるくらい栄養価が高い大豆を、未成熟で、緑色の状態のときに収穫したもの。大豆と同様、良質のたんぱく質ほか、良質の脂質、糖質、ビタミンB1・B2、食物繊維、鉄、カリウムなどの他に、大豆にはないビタミンC等もたっぷり含まれた、まさに「大豆」と「緑黄色野菜」のいいところを両方兼ね備えた、健康野菜だったのです!
    そんな枝豆の持つ豊富なビタミン類とたんぱく質にあるアミノ酸メチオニンという物質が、アルコールの分解を促して、肝臓への負担を軽く、二日酔いや悪酔いを緩和してくれるといいます。
    また、野菜の中でも葉酸をたくさん含んでいるといわれる枝豆。ゆでた枝豆100gで、葉酸が260μg(マイクログラム)が摂取でき、これは成人の1日所要量240μgを上回ることがわかりました。この葉酸が体内で不足すると、身体に有害なアミノ酸物質であるホモシステインが増え、動脈硬化が進んでしまいます。枝豆を食べて葉酸を摂取すれば、動脈硬化も予防することができるようです。
    夏の風物・枝豆の知られざる健康パワー、そして、ゆでる以外でおいしい枝豆の食べ方を、今週はお教えします!

    ■番組に出演した専門家
    プルミエールクリニック 院長
    星野 泰三(ほしの・たいぞう)

    プルミエールクリニック
    住所:東京都千代田区九段南3-2-12 エルミタージュタワー
    電話:03-3222-1088
    受付時間:10:00~17:00
    ※日・祝日を除く
    ※完全予約制です。

    料理家・管理栄養士
    フードビジネスコーディネーター
    小山浩子(こやま・ひろこ)

    ■取材した料理店
    日本橋ゆかり
    住所:東京都中央区日本橋3-2-14
    電話:03-3271-3436
    営業時間:午前11:30~午後2:00/午後5:00~午後10:00
    http://nihonbashi-yukari.com/topics/index.html
    料理長
    野永 善三夫(のなが・きみお)

    ■番組でご紹介した最高においしい枝豆を茹でるコツ
    ①枝豆の成り口(枝についていた部分)を切る
    ②水は枝豆が浸るくらいの量
    ③塩の1/4を枝豆に強くもみこみ、5分置く
    ④アクは取らない
    ⑤茹で上げの目安はサヤが開いてきた時(5分くらい)
    ⑥ザルに広げてそのまま冷やす。
    ※旨みをゆっくり閉じ込めるため、扇がずに常温まで

    ■番組でご紹介した枝豆料理
    「枝豆ペースト」
    ●材料
    茹でた枝豆・・・1/2袋分(可食部100gほど)
    オリーブ油・・・大さじ2

    ●作り方
    フードプロセッサーにかけて、滑らかになれば出来上がり。
    フードプロセッサーがない方は、枝豆を保存袋に入れて
    麺棒を転がしながら押しつぶし、ペースト状になったらオイルを入れて
    もみこむと、同じように作れます。

バックナンバー