過去の放送内容

2016年3月5日 #45放送内容

  • ▽コンブのネバネバには驚きのパワーが! フコイダン、アルギン酸が免疫力アップ
     血糖値の上昇、中性脂肪の吸収を抑える
     健康効果の宝庫・コンブのメタボ解消レシピを公開
     詳細はクリック!

    早稲田大学 理工学研究機構 矢澤一良教授が解説

    昆布のネバネバ成分が塩分などを吸着、排出する様子を人形で説明する根本アナ

    家庭料理研究家・奥薗壽子氏のレシピ「とろろとエノキのなめたけ風」を試食、絶賛する華丸・大吉

    長芋とスパゲッティとちゃっちゃとあえる華丸さんとネギの小口切りに四苦八苦の大吉先生

    コンブのネバネバには驚きのパワーがあることをご存知でしたか?この海藻類に特有のネバネバがフコイダンやアルギン酸。高分子の多糖類で、食物繊維の一種です。最近の研究でフコイダンやアルギン酸が免疫力を高めることがわかってきたのです。人体には、NK (ナチュラルキラー )細胞というウィルスや有害な細菌を排除する免疫細胞があります。フコイダンは、腸管を刺激し免疫細胞に働きかけることでNK細胞を活性化させると言われています。
    また、フコイダンには、脂肪分解酵素の働きを阻害し、腸から脂質が吸収されるのを抑えて体外に排出する働きが。マウスを使った実験でも中性脂肪の吸収率が大幅に下がるということが明らかとなっているのです。脂っこいものを食べる際にコンブを一緒に食べれば、脂肪の吸収を抑え、肥満予防効果もあるそうです。 ネバネバに含まれるアルギン酸カルシウムには、血糖値の上昇を抑えるという研究結果も。
    このようにコンブの健康効果はさまざまで、メタボや生活習慣病の予防や改善が見込まれます。番組ではそんなコンブパワーを専門家が詳しく解説、メタボ解消レシピを公開!
    ※コンブにはヨウ素が多く含まれているため、ヨウ素の摂取制限をされている方は医師に相談ください。

    ■スタジオに出演した専門家
     早稲田大学 理工学研究機構 矢澤一良 教授
     家庭料理研究家 奥薗壽子

    ■番組でご紹介したメニュー
    「とろろとえのきのなめたけ風」
    ●材料
    A)えのき(1袋・200g)
      醤油(大2)
      みりん(大2)
    B)とろろ昆布(10g)
      鰹節(4g)

    ●作り方
    Aのえのきは細かく切って耐熱容器に入れ、しょうゆとみりんを混ぜたらラップをして2分電子レンジにかける。
    (ポイント:えのきは石突を先に切るのではなく頭から切ると1本1本がバラバラにならずに切れる)
    Bのとろろ昆布はキッチンはさみで細かく切ってほぐしておき、かつお節とともに①に混ぜて完成。
    (ポイント:とろろ昆布は買ったらすぐにキッチンはさみで切ってほぐしておくと、食べやすくなるだけでなく袋から取り出しやすくなる)
    ※保存期間は冷蔵庫で4日間


    ~~アレンジレシピ~~

    「とろろねばねばスパゲティ」
    ●材料(2人分)
    納豆(2パック)
    添付のたれ、または醤油(適量)
    長いも(200g)
    とろろとえのきのなめたけ風(適量)
    スパゲティ(160g)
    青ネギ(適量)

    ●作り方
    鍋に湯を沸かし、塩を入れて、スパゲティをゆでる
    (塩は湯500ccに対して小さじ1)
    ボウルに納豆ロ入れ、添付のたれかしょうゆを混ぜる。
    長いもは皮をむいてポリ袋に入れ、袋の上から麺棒でたたいて砕き、袋の口を縛って角を切り、2の納豆の中に絞り入れて混ぜる。
    ゆでたてのスパゲティを3に入れてあえる。
    器に盛ってとろろとえのきのなめたけ風をお好み量をのせ、青ネギを散らして完成。

    「おひたし」
    ●材料
    ほうれん草 (1束)
    とろろとえのきのなめたけ風(適量)
    ポン酢しょうゆ(適量)
    いりゴマ(適量)
    ●作り方
    ① ほうれん草をゆでてみずに取り、水気を絞って食べやすく切って、とろろとえのきのなめたけ風を混ぜる。
    ② 好みでポン酢しょうゆと胡麻をかける。

    「冷奴OR温奴」
    ●材料
    豆腐(1丁)
    とろろとえのきのなめたけ風(適量)
    青ネギ、生姜(お好みで)
    ●作り方
    豆腐を食べやすく切って器にもり(温奴の場合は電子レンジで温める)、とろろとえのきのなめたけ風をかけ、青葱と生姜をのせる。

    「卵焼き」
    ●材料
    卵(2個)
    とろろとえのきのなめたけ風(適量)
    オリーブオイル(適量)
    ●作り方
    ① 卵を溶きほぐしたところに、とろろとえのきのなめたけ風を入れて混ぜる。
    ② 油を引いた卵焼き器で焼く。

    「お吸い物」
    ●材料
    とろろとえのきのなめたけ風(適量)
    熱湯(適量)
    醤油(好みで)
    青ネギ(適量)
    ●作り方
    器にとろろとえのきのなめたけ風を入れ、熱湯を注いて、醤油、青ネギを入れる。

バックナンバー