過去の放送内容

2015年10月17日 #26放送内容

  • ▽突然の激痛!後遺症も…放置すると怖い「帯状疱疹」の予兆とは
     早期発見法と対策法  詳細はクリック!

    皮膚科専門医・松尾光馬院長がスタジオ出演

    疲れが出やすい季節の変わり目、あなたを突然激痛が襲う!激しい痛みに続いて皮膚に小さな水ぶくれが帯状にできる「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」、皮膚に痛みを感じたら放置せずすぐに皮膚科に行きましょう。早期の治療がなにより大切です!
    高齢者には大変な危険性もはらんでいる帯状疱疹。この病気は、水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ水痘帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうは子供の頃にかかることが多いですが、大人になってもそのウイルスは体内に残り、神経節に長年潜伏、免疫力が低下した時、ウイルスが活動を再開するのです。免疫力が低下する原因は、過労やストレス、病気、高齢化などさまざまです。
    回復しても痛みが続く場合は「帯状疱疹後神経痛」の疑いが!高齢者が罹ると、なかなか治りにくいと言われています。疲れたときには無理をせず、睡眠をとって、ストレスをためないことが大切です。番組では帯状疱疹の早期発見法と対策法について詳しくお伝えしました。 。

    ■出演した医師
    中野皮膚科クリニック院長 松尾光馬先生

    ■松尾先生の診察が受けられる病院
    ①東京慈恵会医科大学附属病院 外来棟2階皮膚科(撮影した病院)
    住所:東京都西新橋3-19-18
    TEL:03−3433−1111(代表)
    ※一般外来は午前中のみ。(受付:8:00〜11:00)
    ※午後は専門外来。
    ※水曜日に非常勤講師として午後から松尾先生の診察
    http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/sinryo/13.html

    ②中野皮膚科クリニックについて
    (今回は先生のインタビューのみ撮影しました。)
    住所:東京都中野区中野2-30-3
       ※「中野駅」南口より 徒歩2分
    電話:03−5342−0722
    診察時間:9:30〜13:00、15:00〜19:00
       ※土曜日のみ17:00まで
    休診日:日曜日・祝日
    http://www.nakano-derma.com
  • ▽総体重500kg「イル・デーヴ」 極上の“ぬくもり”のハーモニー  詳細はクリック!

    IL DEVU(イル・デーヴ)がスタジオで熱唱!

    大吉さんがイル・デーヴに発声法を学ぶ!

    最近クラシック系歌手の中で中高年にひときわ熱い注目を浴びているのが「IL DEVU(イル・デーヴ)」。久しぶりに登場した迫力ある本格派男声グループです。イル・デーヴは、メンバーの総体重500kg、オペラ歌手としても第一線で活躍する望月哲也、大槻孝志、青山貴、山下浩司とピアニスト河原忠之による5人から構成され、グループの掟が、「体重90kgを切ったら強制脱退」なのです。彼らの恒例行事が、打合せを名目にした「飯会(めしかい)」でドカ食いすること。その豊かな体から生まれる圧倒的な声量とダイナミックな歌唱表現は聴衆を圧倒、これまで数々のコンサートでチケットが完売してきました。番組では9月に東京で行われたコンサートに独占密着。その極上の“ぬくもり”のハーモニーに聴衆は熱狂!そんな彼らが「華大の知りたい!サタデー」のスタジオに登場、誰もが知っているあの名曲をたっぷりお届けしました。

    ■IL DEVU (イル・デーヴ) 2ndアルバム NUKUMORI
    COZQ-1071-2 CD+DVD ¥ 3,780(税込)
    http://columbia.jp/ildevu/

    ■日本コロムビア株式会社(「イル・デーヴ」に関するお問い合わせ)
    住所:東京都港区虎ノ門4-1-40 江戸見坂森ビル
    電話番号:03-6895-9001(お客様相談センター)
     ※受付時間は10:00~13:00/14:00~17:00
     ※休日を含め土・日曜日、祝日を除く
    http://columbia.jp/index.html

バックナンバー