おとなのための生き方、暮らし方を提案

今回の特集 #62 2016年7月2日(土)

▽夏を乗り切れ!にんにくパワー

夏はにんにく!疲労回復、スタミナ増強、食欲増進、抗菌・解毒作用、血流促進、抗酸化作用、がん予防も期待!?気になる臭いを消す方法 効果的調理法


にんにくと言えば、元気が出る食べ物、疲労回復効果がある食べ物として知られています。古代エジプトでもピラミッドを建設していた労働者に与えられていたとか。昔から食用・薬用として重宝されていたのです。
にんにくの効能・効果の多くはアリインという成分によるものです。アリインは切ったり、すりおろしたりするとアリシンという香り成分に変化。アリシンを水や油に入れるとさまざまな有機化合物・スルフィド類に変化し多様な効果を生み出します。
にんにくが疲労回復や滋養強壮に効果的なのは、アリシンがビタミンB1の吸収を高めるためです。アリシンがビタミンB1と結びつくとアリチアミンという物質に変化し、糖質のエネルギー代謝に欠かせないビタミンB1の吸収率を高めるのです。
他にもさまざまな効果が。糖や脂肪を燃えやすくしてくれます。抗菌、殺菌、解毒作用によりさまざまな病気から守ってくれます。血栓を作りにくくし、血流を促進し、高血圧を予防してくれます。活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

続きを読む

料理のスパイスとして使われるにんにく。その香りには食欲増進効果もあると言われていますが、消化を促進する効果もあります。アリシンの殺菌作用には腸内の悪玉菌を減らす効果があります。しかしにんにくの過剰摂取は、胃を刺激し、腸内の善玉菌を殺してしまうため胃痛や消化不良などを招く場合があるので、食べすぎには注意が必要です。
にんにくの健康効果で注目なのがガン予防の効果が期待できるというものです。アメリカ国立がん研究所の「デザイナーフーズピラミッド」でにんにくが「ガン予防効果のある野菜」としてトップにランクにされたからです。アリシンが変化したイオウ化合物の中のスルフィド類が強力な免疫増強作用を持ち、がん細胞の増殖を抑制する働きがあると言われています。
こんなに健康効果抜群のにんにく、でも気になるのはその臭い…どのようなものと合わせて食べると臭いが気にならなくなるのでしょうか?にんにくの収穫量日本一のあの県では、どうやってにんにくを食べているのでしょうか?効果的な調理法は?番組で詳しくお伝えします。



「にんにく」について、あなたの疑問・質問をお寄せ下さい。

お名前(ペンネーム)、年齢、お住まい(都道府県)をそえてお送りください。





最新情報

番組への宛先

お名前(ペンネーム)、年齢、お住まい(都道府県)をそえてお送りください。

2016年3月19日 #47放送 動画

肩こり・腰痛解消のための筋膜リリースの体操を動画でご紹介!前半(~2’30″)は「肩こり・腰痛解消のための筋膜リリース」、後半(2’30″~)の体操は、「腰痛解消のための筋膜リリース」

出演者