番組情報
時代劇

<時代劇>『御家人斬九郎 第4シリーズ』 (最終回)


次回の放送予定

2018年1月31日(水) 19:00~19:55

毎週(水) 19:00~19:55


第10話「佐次の純情」


 斬九郎(渡辺謙)は、あまりの稼ぎの少なさに麻佐女(岸田今日子)に屋敷から追い出されてしまう。芸者の蔦吉(若村麻由美)に愚痴っても同情されない。
 佐次(塩見三省)と、りよ(日下由美)は一つ屋根の下に暮らしている。佐次がりよに惚れているのは明らかだし、りよも、佐次を頼りにしている。ならば二人を一緒に、と斬九郎も与力の伝三郎(益岡徹)も考えていた。
 伝三郎は、神田の扇屋「文扇堂」に脅迫状の投げ文が続いている事件を抱えていた。「文扇堂」の主人は昨年死んで、後妻のお滝(杉田かおる)が店を仕切っていた。伝三郎の家に居候していた斬九郎は店の用心棒をすることになるが…。

出演者・スタッフ
<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
麻佐女:岸田今日子
ほか
<スタッフ>
原作:柴田錬三郎
監督:原田眞治ほか
脚本:金子成人
音楽:佐藤勝
ほか

番組概要
 渡辺謙が97~98年に主演した痛快娯楽時代劇。原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の雄・柴田錬三郎で本作は“明るい狂四郎”と言われている。旧大映の流れを組む映像京都が作り出す映像美は必見!
 さらに音楽を黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、その味わいをより一層深いものとしている。時代劇の醍醐味である渡辺謙のキレのある殺陣、そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに蔦吉との恋模様をつめ込んだスーパーエンターテインメント時代劇!今回はその第4シリーズを放送! いよいよ最終回!