番組情報
時代劇

<時代劇>『御家人斬九郎 第4シリーズ』


次回の放送予定

2017年11月22日(水) 19:00~19:55

毎週(水) 19:00~19:55


第2話「流れついた男」


 斬九郎(渡辺謙)は寺子屋で働いていたが、手習いを教えることよりも、子供たちと相撲を取ることに熱中する有り様で、クビになってしまう。毎度の失敗にため息をつく麻佐女(岸田今日子)である…。
 一方、蔦吉(若村麻由美)は川べりの小舟の中で気を失って倒れている若い男(上杉祥三)を発見する。侍らしいが、記憶を失っていて自分が誰であるかもわからなかった。男は川上春太郎という名前をつけられて寺子屋で働きだし、子供たちにも慕われるようになる。居酒屋の東八で働くようになった、りよ(日下由美)は、娘を寺子屋に入れようとするが、春太郎が真壁藩の重役の息子と瓜二つだったので驚いた。
 そのころ、斬九郎は、大道でガマの油を売っていた。そこに、暴れ馬が来て蹴られそうになった幼児を助けた初老の武士がいた。鳥居信左右衛門(奥村公延)という名で、昔子供がいない真壁藩の重役・黒田源太夫(原口剛)へ養子に出した息子・源兵衛を探しに来たというが…。

出演者・スタッフ
<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
麻佐女:岸田今日子
ほか

<スタッフ>
企画:能村庸一 西岡善信
原作:柴田錬三郎
音楽:佐藤勝
脚本:加藤文
監督:原田眞治
ほか

番組概要
 渡辺謙が97~98年に主演した痛快娯楽時代劇。原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の雄・柴田錬三郎で本作は“明るい狂四郎”と言われている。旧大映の流れを汲む映像京都が作り出す映像美は必見!
 さらに音楽を黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、その味わいをより一層深いものとしている。時代劇の醍醐味である渡辺謙のキレのある殺陣、そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに蔦吉との恋模様をつめ込んだスーパーエンターテインメント時代劇!今回はその第4シリーズを放送!