番組情報
時代劇

<時代劇>『御家人斬九郎 第4シリーズ』


次回の放送予定

2018年1月24日(水) 19:00~19:55

毎週(水) 19:00~19:55


第9話「追われもの」


 豪商や米問屋の買い占めや売り惜しみで米不足が起こっていた。松平家でも米を手に入れるのが困難になっていた。
 斬九郎(渡辺謙)が船久に行くと、おしの(上野めぐみ)という若い芸者が忙しい蔦吉(若村麻由美)の代わりに出てくるが、そのおしのにも中座され、面白くない斬九郎は帰る。しかし、途中でおしのと中年の大柄な侍が話をしているのを見た。男の名は大塩平八郎(中村敦夫)大坂町奉行所の元与力であった。庶民のために同志を集めて、買い占めをしている豪商らを襲ったが鎮圧された。世を騒がせた大塩平八郎の乱の首謀者である…。おしのの父は、乱の時の農民代表で、大塩の身代わりになって死んだが、生前に「おしのを訪ねるように」と大塩に伝えていたのだ。大塩を追って大坂から平山助次郎(遠藤征慈)と吉見六右衛門(入鹿尊)の二人の同心が来ていた。二人は大坂の豪商鴻池の江戸の店に寄り、大塩の人相書をばらまき、浪人たちを集めて、江戸に潜んでいそうな大塩を探すように依頼する。


出演者・スタッフ
<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
麻佐女:岸田今日子
ほか
<スタッフ>
原作:柴田錬三郎
監督:井上昭
脚本:金子成人
音楽:佐藤勝

番組概要
 渡辺謙が97~98年に主演した痛快娯楽時代劇。原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の雄・柴田錬三郎で本作は“明るい狂四郎”と言われている。旧大映の流れを組む映像京都が作り出す映像美は必見!
 さらに音楽を黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、その味わいをより一層深いものとしている。時代劇の醍醐味である渡辺謙のキレのある殺陣、そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに蔦吉との恋模様をつめ込んだスーパーエンターテインメント時代劇!今回はその第4シリーズを放送!