番組情報
情報・ドキュメンタリー

『2018祇園祭山鉾巡行』


次回の放送予定

【前祭】 7月17日(火) 8:30~10:55 / 【後祭】 7月24日(火) 10:00~10:55



■前祭 7月17日(火) 8:30~10:55
 9世紀半ばに起源を持ち、千年以上もの歴史を誇る京都の祇園祭は、7月の1ヶ月間にわたって様々な行事が行われ、伝統、規模、期間のどれをとっても世界に例を見ない祭礼。そのクライマックスともいえるのが山鉾巡行だ。山と鉾を守り伝える町衆たちが街を練り歩く様子は圧巻で、7月17日の前祭(さきまつり)では“動く美術館”と言われる絢爛豪華な23基の山鉾が都大路を華麗に進む。番組では“くじ改め”から長刀鉾の“注連縄(しめなわ)切り”、豪快な“辻回し”などを、迫力の映像で生中継。ゲストに京都出身の女優・山村紅葉と落語家・桂塩鯛を迎え、地元ゆかりのエピソードなどを聞く。そして、今年は元号が明治に改められてから150年という節目の年。徳川幕藩体制から明治維新を経て、明治の終わりには、祇園祭にとって最大の危機があった。今回は明治という時代が祇園祭にどのような影響を与えたのかについても探っていく。

■後祭 7月24日(火) 10:00~10:55 
 7月の1ヶ月間にわたり、京都の夏を彩る様々な恒例行事が行われていく祇園祭。そのクライマックスが「山鉾巡行」で、7月24日に行われる後祭(あとまつり)では10基の山と鉾が都大路を華麗に進む。番組では「男祭」と呼ばれるのにふさわしい河原町御池での豪快な“辻回し”や、にぎやかなお囃子など、祭りの見どころを生中継でお届け!そして今回は「知っているようで知らない祇園祭後祭」と題し、祇園祭期間以外に行われている行事の紹介や、応仁の乱以前の山鉾巡行についても調査し、約190年間“休み山”となっている「鷹山」復興への動きにも迫る。

出演者・スタッフ
<前祭 出演者>
ゲスト:山村紅葉(女優) / 桂塩鯛(落語家)
解説:村上忠喜(京都産業大学 教授)
実況:梶原誠(KBS京都アナウンサー)
リポーター:遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)/ 海平和(KBS京都アナウンサー)

<後祭 出演者>
ゲスト:三宅亮輔(メンズノンノ専属モデル)/ 長艸純恵(京繍伝統工芸士)
解説:八木透(佛教大学教授)
実況:梶原誠(KBS京都アナウンサー)
リポーター:遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)