第52話:3月23日(金)13:05~14:00

 ウジュのDNA検査をアメリカに依頼したミヌは、ガンモに事業協力を申し出て「ミジュのためならなんでもする」と言うが、ガンモはそれをはねつける。その頃、経営難の企業を整理し廃業させるという案が大統領から出て、ピリョンはそれを利用して漢江建設を潰そうと目論む。そんな父の姿を見て、ミヌは「ガンモの父を誰が殺したか知っている。これ以上罪を犯さないでほしい」と言うが相手にされない。ピリョンはウジュを拉致してアメリカに送り、自分の孫に相応しい教育を受けさせようと考え、DNA検査の結果を改ざん。ウジュが自分の息子ではないという嘘の報告を見てショックを受けたミヌは、ピリョンの思惑通りガンモの工場への放火を思い立つ。