番組情報
ミニ番組

『フューチャーランナーズ~17の未来~』


次回の放送予定

2019年10月19日(土) 21:55~22:00

毎週(土) 21:55~22:00


 ダウン症(正式名称:ダウン症候群)とは、体細胞の21番染色体が1本多く存在し、計3本(トリソミー症)持つことによって発症する、先天性の症候群。身体的発達の遅延や特徴的な顔つき、軽度の知的障害があり(個人差あり)、出生頻度は約1000人に1人と人類史上最も多い遺伝子症候群と言われている。しかし、自分の家族や親戚などにダウン症の人がいない限り、当事者と直接触れ合う機会は滅多にないのではないだろうか?故に、ダウン症には「強い感受性」や「豊かな思いやりの心」という特性があることも知られておらず、「かわいそう」という目で見てしまう人も少なくないだろう。古市さんは、ダウン症の息子を育てる過程で様々な社会の壁にぶつかった。その多くが「不理解」によるものだった。「まずは知ってもらおう」と彼女が起こした行動とは?

出演者・スタッフ
<出演者>
古市理代(NPO法人アクセプションズ理事長)

<スタッフ>
 制作協力:バンエイト
 制作著作:フジテレビ

番組概要
 SDGsとは“持続可能な開発目標”のことで、“誰一人取り残さない”世界の実現に向けて、2015年に国連で採択され、17の目標と169のターゲットからなる2030年までに目指すべき世界共通の目標のこと。
 この番組では、そんなSDGsの目標達成のために情熱を持って走り続ける人たちを紹介していきます。有明海の再生を目指し絶滅危惧種の生息地を探し保護を訴える水族館館長。すべての母が力を発揮できる社会に向けて産後女性の心身のサポート運動を展開するNPO法人の代表者。生活困窮者の食事、入居、交流を総合的に援助するNPO法人の代表者……。
 こういった草の根の活動をしている方々を、この番組ではSDGsの目標とともにご紹介。彼らの取り組みは小さな一歩かもしれませんが、その小さな一歩が集まると大きな力になるはずです。SDGsをテーマにレギュラー番組を放送するのは、日本で初めての取り組み。
 この番組はフジテレビCSR推進プロジェクトの一環でもあり、この番組を通じて、多くの方々に「今、世の中で何が起きているのか」を知ってもらい、ひとりひとりがSDGsについて考えるきっかけになればと考えている。