番組情報
旅・紀行/情報・ドキュメンタリー

『富士山 The Great SKY』


4K制作番組


次回の放送予定

2019年1月1日(火) 18:00~18:55


「雲」「虹」「天体」といった自然現象、富士山と移ろいゆく季節が織りなす色彩、他の自然現象など が合わさって出来る「紅富士」「赤富士」「ダイヤモンド富士」といった富士山が作り出す景観。
そんな富士山の風景をオムニバス形式で描き、富士山の周辺にできる自然現象のすべてを4K映像で表現していく。

【富士山と雲】
独立峰である富士山は、その山体の影響で様々な変わった雲を生み出す。
富士山から湧き出る様々な雲の形の他、頂上にかかる「笠雲」、富士山を通る風によって生み出される「つるし雲」など、富士山が作り出す様々な雲の情景を送る。

【黄昏時・かたわれ時…富士山の様々な色彩】
山体の青や緑、あるいは雪の白といった色のイメージが強い富士山だが、昼と夜が移り変わる時間帯には紅色をはじめ実に多彩な色彩を見せてくれる。「紅富士」や「赤富士」、夕暮れ時の紅い色に照らされる富士山。
富士山が見せる多彩な「色彩」を4Kの広色域で存分に届ける。

【富士山と光の現象】
定点観測を長期間行うことにより、太陽が生み出す様々な珍しい光の現象もとらえることに成功した。
雨上がりの富士山に彩りをそえる虹のアーチのほか、太陽と大気中の氷の粒や雲が生み出す「幻日」や「彩雲」といった現象…さらには雲や富士山そのものの影が織りなす光の美しさ…富士山と光の共演。その美しさを映し出す。

【富士山と月や星・湖】
富士山の特徴的な山容に花を添えるのが、太陽や月や星々などの天体、そしてその麓に広がる湖。
頂上に向かって月が沈む「パール富士」や、山肌の氷雪を輝かせる月明かりなど、湖面に映る「逆さ富士」やそこに浮かぶ氷など、富士山と様々な自然との調和した、あまり意識されることのない意外な姿も紹介。

出演者・スタッフ
<出演者>
音楽:山崎泰之
ナレーション:荒川強啓

番組概要
富士山を被写体とした山中湖畔からの定点撮影の映像。日々の変化を2013年から約 700 日にわたり撮影し、およそ 500 万枚の画像からなる美しい8K映像が蓄積された。
これまで誰も見ていない一刻一刻変化する富士山と、自然が生み出すさまざまな表情を、まるで生きているかのように映し出す。
この世界観を表現する音楽は、新進気鋭の若手作曲家・山崎泰之氏によるオリジナル楽曲。 雲の躍動感、幻想的な光景、次々に移り変わる色彩。富士山とその周辺の様々なものから生み出される光景を 十二分に引き出す、質の高い楽曲も見どころの番組。