番組情報
情報・ドキュメンタリー

『第27回FNSドキュメンタリー大賞』


次回の放送予定

2019年6月30日(日) 27:00~27:55


「信念に生きた男~満州移民に抵抗した村長・佐々木忠綱~」


 長野県の南に位置する旧・大下條村。現在は阿南町となっているここに、ある県立高校がある。終戦間もない昭和25年に開校した長野県阿南高校。かつて“教育の空白地帯”とも呼ばれたこの地域に、住民の熱い思いによって開校した地域高校だ。そして、そのキッカケを作ったのは、ある村長の信念だった。
 村長の名は、佐々木忠綱。戦時中に大下條村の村長を務めた彼は、大下條村を含む飯田下伊那地域に当時吹き荒れた満州分村移民に抵抗し、多くの村人の命を救った村長でもあった。1931年の満州事変を契機に、現在の中国東北部に建国された日本の傀儡国家・満州国。全国各地から送り出された移民は約27万人といわれ、長野県からは全国最多、なかでも多くの人々を送り出したのが飯田下伊那地域だった。1936年、満州移民が国策となり、一度に大量の村人を満州へ送るために、分村・分郷と呼ばれる村をあげての移民が強力に推し進められるようになっていった。佐々木を始め、飯田下伊那地域のリーダーたちは、分村・分郷に向けて満州視察旅行を行うが、これが佐々木に大きな疑問を抱かせることになる。そして、遂に大下條村でも近隣の村と合同で開拓団を送る計画が持ち上がる。同じ頃、佐々木はあることに情熱を持って取り組んでいた。それが学校建設。
 何が佐々木忠綱を突き動かしていたのか。彼を支えた信念とな何だったのか。これは、揺るぎない信念に生きた1人の村長の物語。

出演者・スタッフ
<出演者>
大日方悦夫(歴史研究者)
佐々木壽英(佐々木忠綱の息子)
伊藤千俊(佐々木忠綱の知人)
齊藤俊江(飯田市歴史研究所)
小林信介(金沢大学准教授)
佐々木正人(佐々木忠綱の親戚)
平澤裕二(阿南高校校長)

ナレーター:坂本麻子(長野放送アナウンサー)
<スタッフ>
プロデューサー・脚本・構成:春原晴久(長野放送)
ディレクター:大日方詩織(長野放送)