番組情報
情報・ドキュメンタリー

『第27回FNSドキュメンタリー大賞』


次回の放送予定

2019年12月8日(日) 27:00~27:55
初回放送:2019年5月5日(日)


「ふたつの正義~検証・揺さぶられっ子症候群~」


「子どもへの虐待」が増加し続ける中にあって、よく耳にする「乳幼児揺さぶられ症候群」「揺さぶられっ子症候群」という言葉…。赤ちゃんが激しく揺さぶられて脳にダメージを受け、最悪の場合、死に至ることもあるという。

近年「親が子どもを揺さぶって大けがをさせた、死なせた」などで事件化されるケースが増えた。一方、虐待を疑われた親たちの言い分として、「子どもがソファから転落した」「つかまり立ちの時に後ろに転倒した」という主張が数多くある。
これらの親たちは、虐待を隠すために、そろって同じような嘘をついているのだろうか?
「揺さぶられっ子症候群」と診断される事、それは何を意味しているのだろうか?

これまで外見からだけでは分かりにくかった、「乳幼児への揺さぶり」という暴力を判別して、保護者を罰したり、危険な目にあった子どもを児童相談所が保護して命を救う…
そう受け止められてきた「揺さぶられっ子症候群」の診断について、「診断方法は本当に正しいのか」という疑念が持ち上がる。海外では、この症候群に関する学説の根拠が否定され、疑われた親たちが無罪となったケースが相次いでいるという。

虐待防止という理念の一方で、「揺さぶられっ子症候群」の診断によって、多くのえん罪が生まれているとしたら…? 

番組では「揺さぶられっこ症候群」について、改めて検証する。

<制作>関西テレビ

出演者・スタッフ
<出演者>
【ナレーション】 豊田康雄


<スタッフ>
【撮影】 平田周次
【編集】 片野正徳
【ディレクター】 上田大輔
【プロデューサー】 萩原 守

番組概要
<今後の放送予定>
12/15「やがて風景になる 若き木工職人の成長記(再)」 制作:岡山放送
12/22 休止(「ジャパントップ12卓球大会」編成のため)
12/29「笑顔になれる様に ~床屋さんと糸魚川大火~(再)」 制作:NST新潟総合テレビ
 1/ 5「生きるよすがを求めて~映画監督 村川透のふるさと納税~(再)」 制作:さくらんぼテレビ