番組情報
情報・ドキュメンタリー

『第25回FNSドキュメンタリー大賞』


次回の放送予定

2017年11月26日(日) 27:00~27:55


#7 「ママはいないけど~東松島市 震災遺児の5年~」


宮城県東松島市で暮らす小学5年生の阿部花澄ちゃん(11)と小学3年生の弟・剛宜君(8)。東日本大震災の津波で母の敦子さん(当時37)が犠牲になった。介護施設に勤務していた敦子さんは隣接する老人ホームの利用者を車に乗せ、指定避難所だった小学校を目指していた途中で津波に巻き込まれた。残された幼い姉と弟は、敦子さんの両親で住宅の建築会社を営む祖父の功三郎さん(69)と祖母の恵美子さん(68)と暮らし始める。何とか親代わりを務めようとする祖父母に対して花澄ちゃんはさびしさを口にはしようとはしなかった。一方、剛宜君は恵美子さんを「ママ」と呼び、抱っこをせがむようになった。さびしさを抱えながらも祖父母の愛情を受け、すくすくと成長していく姉弟。しかし徐々に花澄ちゃんに変化が。家族と距離を置くようになり、特に祖母の恵美子さんとは些細なことでぶつかることが多くなってきた。剛宜君はサッカーを習い始めたものの、チームメイトが母親と仲良くしている姿をみると、さびしげな表情を見せていた。そして5回目の3月11日。花澄ちゃんと剛宜君は敦子さんが眠るお寺の追悼法要に参列した。震災の発生時刻の午後2時46分、空を見上げた花澄ちゃんはあることに気がつく。雲が晴れ太陽が出てきたことに…。「私の声をママが聞いていますように」。花澄ちゃんは「ママ」に、そして「家族」に伝えたい思いがあった。

出演者・スタッフ
<プロデューサー> 菊地章博
<ディレクター> 川村尚徳
<撮影> 大平伸一、重實博之
<編集> 上池隆宏
<制作> 仙台放送

番組概要
FNSドキュメンタリー大賞は1992年に創設され、毎年力作を生み出し、「FNS28局がそれぞれの視点で切り取った28通りの日本の断面」「FNSの良心」などと言われるまでになった。
各局が今回どのようなテーマの作品を出してくるのか。そして、どのような社会問題が提起されるのか、あるいは、どのような魅力的な人に出会えるのか。
BSフジでは、FNS各局が総力をあげて作り上げたドキュメンタリーの中から、名作選をお届けする。