番組情報
情報・ドキュメンタリー

『第25回FNSドキュメンタリー大賞』


次回の放送予定

2017年9月17日(日) 27:00~27:55


#26「働きたい~障がい者雇用の壁~」


もし右肩が上がらなかったら…もし交通事故にあって障害が残ったら…それだけで就職が厳しくなる現状を知っているだろうか?新潟県の障害者雇用率「1.85%」。これは全国平均には届かない数字だ。それ以前の5年間の雇用率も全国平均を下回り、全国46位の年もあった。なぜ新潟県の障害者雇用が進まないのか。働きたい障害者と企業の間にある壁とは…。先天的に身体に障害のある25歳の男性は就労訓練を受けながら就職を目指す。しかし、就労訓練を受けることができるのはわずか2年。期限が迫る中、就業支援員の女性との就職活動に密着した。支援員が彼にかけた言葉は厳しいものだった。彼の就職活動の行方は。15歳の時に交通事故に遭い重度の身体障害者となった男性。社会に出たい、働きたいと就職活動をするも、そこで見えたのは社会の厳しい現実だった。働きたい思いを持っていても働くことができない。そこには企業だけでなく、障害者自身にも潜む問題があった。一方で企業側は法律により障害者の雇用が義務づけられている。雇用しなければならない思いとは裏腹にどのように雇用すればよいのか、障害者がどれほど働けるのか悩む企業も。雇用している企業からは障害者雇用をやって良かったの言葉が多く上がった。働いている障害者は働ける喜び、幸せをかみしめて働いている。障害者が普通に働ける社会の実現には何が必要なのか。その壁に迫った。

出演者・スタッフ
<プロデューサー>鷲津史彦
<ディレクター>若井俊吾
<撮影>韮澤由起夫 他
<制作>新潟総合テレビ


番組概要
FNSドキュメンタリー大賞は1992年に創設され、毎年力作を生み出し、「FNS28局がそれぞれの視点で切り取った28通りの日本の断面」「FNSの良心」などと言われるまでになった。
各局が今回どのようなテーマの作品を出してくるのか。そして、どのような社会問題が提起されるのか、あるいは、どのような魅力的な人に出会えるのか。
BSフジでは、FNS各局が総力をあげて作り上げたドキュメンタリーの中から、名作選をお届けする。