番組情報
情報・ドキュメンタリー

『第26回FNSドキュメンタリー大賞』


次回の放送予定

2018年12月16日(日) 27:00~27:55


「夢の舞台のその先に ~2人のわらび座日記~」


秋田県仙北市を拠点とする劇団「わらび座」は、自然豊かな土地で60年以上活動を続ける地方劇団だ。日本の伝統芸能を題材にした演目を多く手がけている。
劇団には約80人の団員が在籍し、各地で年間1000回以上の公演を行なっている。地方劇団としては規模が大きく養成所では毎年、全国から役者の卵たちが集まり研究生となる。
養成所には毎年オーディションに合格した約10人の研究生が入るが、自身の実力に限界を感じて挫折する者、新たな目標を見つけ辞めていく者など、無事に卒業して役者になれるのはほんの一握り。
2015年春に入所した研究生は8人。例年のように次の年の春までに半数が養成所を去り、残ったのは4人となった。
最年少は、瀬川舞巴(まいは)さんと米屋美咲さん。2人は高校卒業後すぐに養成所に入った。
瀬川さんは、高校まで様々なことにやる気が持てず、身内の勧めでなんとなく入った養成所で「女優になる」という目標を見つけた。そしてもう1人、米屋さんは役者になりたいと夢見て入ったが、親元を離れ生活する中で「本当の目標とは何か」を考え始めた。
2人のように「生活環境の変化」や「心の成長」で何気なく描いていた将来の目標が変わることは若者にはよくあること。番組では、地方劇団という環境の中で多くの人との出会いと経験を経て成長するをする2人の姿を通じて、現代の若者の葛藤や心の動きを描く。

出演者・スタッフ
<出演者>
ナレーター:原田真裕美

<スタッフ>
構成:関盛秀 
ディレクター:藤野宏樹
プロデューサー:長嶋伸