#1「がんばれ!」<ファイト篇>

OK:「Go for it!」
NG:「Fight!」
「がんばれ!」を英語で言うと、“Fight!”を連想しますが、実は「殴り合え!」という意味になってしまいます。
応援をする場合は、“Go for it!”を使いましょう。

#2「ご都合よろしいですか?」<コンビニ篇>

OK:「Is that convenient for you?/Are you available?」
NG:「Are you convenient?」
“convenient”は、「時間・場所・物などが便利な」という意味の単語で、人には使いません。
“Are you convenient?”では、「あなたはコキ使いやすい人ですか?」という意味になってしまうので注意しましょう。

#3「とっても繊細だね」<ナイーブ篇>

OK:「You are fragile.」
NG:「You are naive.」
“naive”には「未熟な」という意味があります。
「繊細な人だね」と表現したい場合は、“fragile”を使いましょう。

#4「退屈する」<退屈篇>

OK:「You are bored.」
NG:「You are boring.」
“bore”は「人を退屈させる」という意味です。よって、“You’re boring”だと「あなたは人を退屈させる」という意味になってしまいます。「退屈している」状態を表す場合は“bored”を使いましょう。

#5「フライパン」<フライパン篇> 

OK:「Frying pan」
NG:「Fly pan」
実はフライパンというのは和製英語で、正しい英語は“Frying pan”となります。
ちなみに“Fly”は、「飛ぶ」以外に「ハエ」という意味や、男性のズボンの前に付いた「チャック」といった意味もあるので、「ちょっと汚い鍋」という意味になってしまいます。

#6「シュークリーム」<シュークリーム篇> 

OK:「cream puff」
NG:「shoe cream」
カスタードや生クリームが入っているお菓子のシュークリーム。
日本語と同じように英語で“shoe cream”と言うと、靴を磨くクリームに聞こえてしまいます。
間違えないように気をつけましょう!

#7「デパート」<デパート篇> 

OK:「department store」
NG:「depart」
「百貨店」の意味で普段使っている「デパート」、実はカタカナ英語です。
“depart”は英語では「出発する」という動詞になります。
英語だと思っていたらカタカナ英語というのは意外にあるので、 気をつけましょう!

#8「家まで送るよ!」<送るよ!篇>  

OK:「I’ll take you home.」
NG:「I will send you home.」
“send”は何か物や手紙などを送る場合に使う、「送信」という意味です。
よって、「家に送る」という意味で使うと、物扱いされてるように聞こえてしまいます。
「家まで送るよ」と言う時は、“I’ll take you home.”を使いましょう。

#9「ガッツポーズ」<ガッツポーズ篇>  

OK:「victory pose」
NG:「guts pose」
“guts pose”は実はカタカナ英語で、「根性ポーズ」という意味になってしまい通じません。英語では“victory pose”と言うので覚えておきましょう。

#10「ベテラン」<ベテラン篇>  

OK:「I’m an expert.」
NG:「I’m a veteran.」
「熟練した人」を表現する際に日本語で使うベテラン。実は、英語で“veteran”は「退役軍人」や「古参兵」という意味を表します。
「私は熟練だ」と表現する時は“expert”を使って、“I’m an expert”を使いましょう。

#11「ショートカット」<ショートカット篇> 

OK:「short hair」
NG:「short cut」
「髪の毛が短い」という意味で、“short cut”(ショートカット)を日ごろよく使いますが、実は英語では「近道」という意味です。正しくは、“short hair”を使いましょう。

#12「ドリンク」<ドリンク篇>  

OK:「I’ll take some medicine.」
NG:「I’ll drink some medicine.」
「薬を飲む」を英語で表現したい場合は注意が必要です。
「飲む」という表現で思い浮かべる“drink”は、お酒やジュースをゴクゴク飲むという意味です。薬の場合は“take”を使って、“I’ll take some medicine.”となります。
また、この言い回しの場合、“medicine”の前に“a”は付けないことも覚えておきましょう。

#13「コンプレックス」<コンプレックス篇>

OK:「I’m usually too shy to talk to women.」
NG:「It was my complex that I couldn’t talk to women.」
“complex”は“I have a complex about my looks.”のように外見について使うことが多い単語です。「女性に声をかけられないのがコンプレックス」と言いたい場合は“complex”を使わずに、“I’m usually too shy to talk to women.”と表現するとスマートです。

#14「なに?」<なに?篇> 

OK:「Could you say that again?」
NG:「What?」
「何?」という意味で使ってしまいがちな“What?”ですが、実は「はあ?」というかなり失礼なニュアンスの言い方に聞こえてしまいます。
“Could you say that again?”を使うようにしましょう。

#15「先生」<ティーチャー篇> 

OK:「Mr.〜/ Sir〜 /Ma’am.〜/ Ms.〜」
NG:「Teacher」
「先生」という意味を持つ英単語“Teacher”。しかし、外国では生徒が先生の事を“Teacher”とは呼びません。男性教諭なら“Mr.〜”女性教諭なら“Ma’am.〜”と名前の前に付けて呼ぶのが一般的です。

#16「芸能人」<タレント篇>

OK:「personality」
NG:「talent」
日本語では「タレント」を「芸能人」という意味でつかいますが、英語で“talent”は、「能力」や「特技」という意味になります。英語で「芸能人」を表現する場合には、“personality”をつかいます。よって、「テレビタレント」は“TV personality”となります。

#17「ドンマイ(心配しないで)」<ドンマイ!篇>

OK:「Don’t worry about it.」
NG:「Don’t mind.」
「心配しないで」という意味でつかいがちな「ドンマイ」“Don’t mind.”ですが、実は「僕は気にしない」という意味になってしまいます。「気にしないで/心配しないで」と言いたいときは“Don’t worry about it.”をつかいましょう。

▲ TOPに戻る