番組情報
映画・ドラマ

<BSフジサスペンス劇場>『ドルチェ』




次回の放送予定

2018年6月28日(木) 12:00~13:58


 練馬北署強行犯係の巡査部長・魚住久江(松下由樹)は、職場でテレビのニュースを見ていた。武蔵野市の雑木林で発見された遺体が、一部白骨化しており、死後半年ほど経過している、と伝えるものだった。久江が煙草を吸いに外に出ると、警視庁捜査一課の金本健一(田辺誠一)が現れた。10年前は捜査一課で活躍していた久江に、なぜ戻ってこないのか?と聞く金本。
 久江が部屋に戻ると、自宅で頭を強打した1歳半の男児が病院に運ばれた、という連絡が入っていた。原口(戸次重幸)に同行して病院へ向かう久江。
病院では、ケガを負った斉藤守のそばに、父親の明(ミスターちん)と、明の母の和代(星由里子)が付き添っていた。この日は、明も和代も出かけており、その間、守を見ていたのは、母親の由子(伊佐美紀)だが、和代が帰宅した時、床に倒れた守を発見し、由子が行方不明だという。
 久江が後日斉藤家を訪ねると、部屋の中はきれいに片付いており、家具に保護ガードが設置されているなど、守への気遣いが随所に感じられた。そこに矛盾を感じる久江。
 久江と原口は聞き込みに回るが、由子の周辺からは大した情報は得られない。路上で歩いてきた若い女(内山理名)と久江が軽くぶつかった。地味で化粧気のないその女は、一瞬久江を見るが、すぐに顔をそらし沈んだ顔で去って行った。
 そんな時、中央公園付近で男(窪塚俊介)の変死体が発見される。

出演者・スタッフ
<出演者>
魚住久江:松下由樹
浜田知美:内山理名
原口昌哉:戸次重幸
峰岸学:馬場徹
里谷俊彦:菅田俊
斉藤和代:星由里子
宮田洋平:ベンガル
手塚義則:西岡德馬
金本健一:田辺誠一
ほか
<スタッフ>
原作:誉田哲也『ドルチェ』(新潮社刊)
脚本:松本美弥子
編成企画:太田大
プロデューサー:高石明彦、長坂淳子
監督:大谷健太郎