第9回 ヒルクライムに挑戦

第9回 ヒルクライムに挑戦 鬼コーチ・栗村修さん
ヨーロッパチーム所属経験を持つ元プロロードレーサー。現役引退後は国内プロチームの監督を歴任。ロードレース解説者としても、その巧妙かつ的確な解説で人気を博す。今シーズンはプロチーム“宇都宮プリッツェン”監督に就任。


【栗村式ストレッチ】
足先を後ろに上げて太腿前側を伸ばす(無理して曲げず、心地よい程度に呼吸しながらじわりと伸ばす) 栗村式ストレッチ
 
足を交差させて前屈すると太腿裏側も伸ばせる 栗村式ストレッチ
 
アキレス腱もじわりとゆっくり伸ばす 栗村式ストレッチ
 
両手を上げて交差して後ろに反らせる。左右の手を入れ替えて交互に行う 栗村式ストレッチ
 
【栗村流ヒルクラの極意】
呼吸は吐く方を意識しながらペダリングのリズムに合わせる 栗村流ヒルクラの極意
 
ダンシング(立ち漕ぎ)の習得がヒルクライムには必須。時折ダンシングで走ることで筋肉疲労を減らす。ダンシングではギヤを1枚重くして走りを安定させる 栗村流ヒルクラの極意
 
ペース配分が重要。すたーと直後は抑え、後半でペースアップできる走りを 栗村流ヒルクラの極意
 
“きつい所で頑張りすぎない・楽な所で楽しすぎない”。常に一定の力で走るのが鉄則 栗村流ヒルクラの極意
 
ペダルを踏まない方の“引き足”はハンドルを蹴り上げるイメージで動かす 栗村流ヒルクラの極意
 
時折ダンシングで体重を乗せるだけでペダルを踏む。使ってきた筋肉を休ませる効果もあり 栗村流ヒルクラの極意
 
登りきれそうな所でも1枚軽いギヤを使って登る。“きつい所で頑張りすぎない” 栗村流ヒルクラの極意
 
平坦や下りでは重めのギヤを踏む。“楽な所で楽をしない” 栗村流ヒルクラの極意


プレゼント
BSフジ