福井アナの自転車選び

福井アナの自転車選び これまで数々のゲストたちから自転車を進められながらも、その不安から足を踏み出せずにいた福井アナが、とうとう自転車の購入を決断! 山道アドベンチャー・丹羽隆志さんに様々な説明を聞いて選んだ新しい自転車は、オレンジ色のクロスバイク! 十数年振りにまたがった自転車の爽快感に感動!!



<室長、はじめての自転車選び>
クロスバイクの中から自転車を選ぶことを決めた福井アナ。山道アドベンチャー・丹羽隆志さんに選んでいただいた二台のうち気に行った自転車を選ぶ!

第一候補 Panasonic OFR1
(フレームサイズ 7サイズ有り
  第二候補 Panasonic SREE CE
(フレームサイズ 430・480mm)
Panasonic OFR1   Panasonic SREE CE
フレームサイズ、カラー、サドルライプがオーダーできる。トラディショナルなデザインのロードスポーツ。   スタイリッシュ、スポーティー、スペシャリティがコンセプトで、一般的なスポーツ車に比べるとやや小さめのカジュアルスポーツモデル。


【選考基準】
1.重さ(車体が軽いと心も軽くなる!)
 ・OFR1(サイズ550mm) → 10.6kg
 ・SREE CE(サイズ480mm)  → 11.8kg

2.車輪の大きさ
(ホイール径が小さいと加速に優れるが減速しやすく、ホイール径が大きいと加速は鈍いが原則しにくい。また、タイヤ幅は小さいほど路面抵抗が少なくなる!)
 ・OFR1 → 700Cホイール(ロードレーサー用規格)、タイヤ幅23mm
 ・SREE CE → 26インチホイール(マウンテンバイク用規格)、タイヤ幅32mm

3.ギア(上り坂などの運転環境に応じられる)
 ・OFR1 → リア8連×フロント3連
 ・SREE CE → リア8連×フロント1連 ※リア内装8段変速(メンテナンスフリー)

4.ワイヤー
 ・SREE CE → ワイヤーがフレーム内に収納されるため、錆などのトラブルを防ぐことができる。

5.ブレーキ
 ・OFR1 → サイドブレーキ(キャリバーブレーキ)。調整が容易で、主にロードレーサーに装備される。
 ・SREE CE → カンチブレーキ(Vブレーキ)。少ない力で強い制動力を生むブレーキ。主にマウンテンバイクなど太いタイヤの自動車に装備される。

6.サドル
 ・OFR1 → 尿道が圧迫されにくい、中心に穴があいているデザイン。

7.フレーム
 ・OFR1 → クロモリ(鋼)フレーム。程よく衝撃を吸収するので疲れにくく耐久性がある。アルミなどに比べ細いフレームが特徴。
 ・SREE CE → アルミフレーム。クロモリより軽量で錆びにくく、一般的に太めに仕上げられることが多い。

福井アナの自転車選び

プレゼント
BSフジ