23


“The Woods”(最終話)

長年人が住んでいなかった家の裏庭から、鹿の剥製用の目がはめ込まれた9つの頭蓋骨が発見される。家の持ち主は、72年に射殺されたシモーヌ・マークス。剥製用の目を見たリリーは、かつて証拠不十分で釈放された市警の資料係ジョージの事件を思い出した。

22

トラック
“Best Friends”

川から1931年型のトラックが引き上げられ、若い女性の白骨死体が発見される。車の所有者だったカーティスが健在であることが分かり、彼の証言から白骨死体は32年に行方不明になった妹ローズではないかと考えられた。リリーらは、殺人課史上最も古い未解決事件に挑むことになった。

21

制服
“Creatures of the Night”

連続殺人犯、ロイ・ブリガム・アンソニー仮釈放が決まる。80年に行われた司法取引が今、施行されようとしているのだ。しかし、ロイは新たな犯行を予告。リリーらは、ロイの仮釈放を阻止するため、彼がフィラデルフィアに滞在していた77年の未解決事件を洗い出すことに。

20

ナイフ
“Kensington”

1年前、祖母を殺し逮捕されたジェームズ。彼の叔父ジョーは、85年に殺されており、未解決のまま強盗致死事件として処理されていた。だが、ジェームズは刑務所で知り合ったハムという男が、ジョーの遺体から現金を奪ったことを知り、情報を提供。強盗目的でない可能性が浮上し、リリーは捜査を始める。

19

チェス
“Strange Fruit”

42年前、まだ少年だったジェフリーズは、黒人青年の他殺体を発見するという経験をしていた。被害者ジークの死体には、激しいリンチの痕跡があったことから、人種憎悪による犯行が考えられたが、事件は未解決のまま。再捜査に乗り出したリリーらは、当時の人種差別の現実を目の当たりにすることになる。

18

闘犬
“Ravaged”

ヴェラの高校時代の恋人ミーガンが、殺人課にやって来る。ミーガンの姉は、10年前バーの駐車場で凍死し、事故として処理されていた。だが10年経った今、ミーガンは当時の状況を知る男に遭遇。姉がトラブルに巻き込まれていたという。情報を元に、リリーらは再捜査に乗り出す。

17

保険金
“Schadenfreude”

リンジーという女性が射殺される。彼女の夫スティーヴンは、元大物外科医だったが、自ら執刀したオペで友人が死亡。その妻の訴訟により、医師資格を剥奪されていた。事件は、生活苦に襲われたスティーヴンが、保険金目当てでリンジーを殺したとして解決し、20年以上が経過していたのだったが…

16

お星さま
“Revenge”

スティルマンは、兄で神父のアンドリューから、バーニーという男が98年の誘拐事件で見張り役をしたことを懺悔していたと知らされる。被害者となった9歳の少年カイルは、誘拐の数ヶ月後、水死体で発見されていた。再捜査を開始したリリーらは、誘拐の主犯を突き止めるが、更なる衝撃の事実が発覚し…。

15

ミスター・ウィルソン
“Wishing”

1993年に、知的障害を持つ少年コリンが列車に跳ねられて死亡し、事故死として処理される。しかし、最近になって彼の墓に、その死が他殺であることを示唆するような1枚のイラストが置かれるようになった。これを機に、再捜査を開始したリリーらは、コリンが置かれていた悲惨な環境を垣間見ることに…。

14

ヴァレンタイン
“Revolution”

1969年、フィッシュタウンでエリーという女性が絞殺される。第一容疑者の恋人ウォーレンは、事件直後カナダへ渡りその後消息不明。時が経ち、父の死を知ったウォーレンが地元に帰郷したことを掴んだリリーらは、再捜査を開始した。だが、ウォーレンはエリーが殺されたことを知らないという…。

13

マシンガン
“Time to Crime”

通りすがりの車から突然銃が乱射され、母親と6歳の少女ケイラが死亡する。事件が未解決のまま20年近くたったある日、フィラデルフィアの銃回収プログラムで、凶器となった銃が発見された。持ち主を辿り始めたリリーらは、事件の悲しい顛末を知ることになる。

12

リング
“Yo, Adrian”

元ボクシングの審判サニーが、息を引き取る直前にある告白をする。1976年、ジェリー・ストーンという選手が死亡した試合の審判だったサニーは、1500ドルで買収され故意に試合を止めなかったというのだ。しかし、サニーは「誰に買収されたか」を話す間もなく息を引き取ってしまう。

11

ゼロ・アワー
“Blank Generation”

1978年、カルト教団「ファースト・ジェネレーション」に入信していたマシューという青年が自宅で自殺した件で、姉のアンナが再捜査を依頼してきた。アンナは、当時マシュー奪回のため、洗脳を解く作業に携わっていたクロフォードという人物が、実は弟を殺したのではないかと疑っていた。

10

フリーペーパー
“Discretion”

2000年にフィラデルフィアで殺された新鋭検事グレッグ。その妻であるアンナが、リリーのもとにやって来た。死後、数年経つ今、元部下の証言でグレッグは横領の犯人にされているという。亡き夫の身の潔白を晴らし、未解決の殺人事件も解決して欲しいというアンナの願いを受け、リリーらは再捜査に乗り出すことに。

09

ハンター
“Mind Hunter”

鳥獣保護区で首のない女性の死体が発見される。被害者は、1985年に夫の暴力に耐えかね失踪をしていたジャネットと判明。リリーらは、当時の夫リロイに疑いの目を向けるが、彼にはアリバイがあった。そんな中、鳥獣保護区でさらに8つの首なし死体が発見され…。

08

リスト
“Red Glare”

自傷癖のあるハワードは、幼い頃から父エリオットが酒に溺れて家族を捨てたと聞かされていた。ところが、実は父親が1953年に殺害されていたという真実を知り、再捜査を依頼。そんな中、ニューヨークにいるはずのリリーの妹クリスティーナが、突然訪ねて来る。しかし、リリーの反応は…。

07

写真
“It's Raining Men”

エイズが社会問題となりつつあった1983年に、ゲイの若者ジェフが殺された事件の再捜査を求め、当時の恋人アーティが警察にやって来た。ゲイを公言し、大富豪の父から勘当同然の扱いを受けていたジェフが、タオルボーイをやっていたバスハウスで様々なトラブルを起こしていたことが分かり…。

06

デビルズ・プール
“The Sleepover”

チェスナット・ヒルの森で、若い女性が殺された。そこは、1990年の未解決事件、チェスナット・カレッジのリタが殺された現場と同じで、死体にはマジックで×印が書かれるという共通点があった。やがて、容疑者として統合失調症のニールが浮上し事件は解決したかと思われたのだが…

05

ブレスレット
“Who's Your Daddy?”

カーラという少女が黒人男性のブッカーに付き添われ、警察へやって来た。幼い頃に殺された彼女の母親のブレスレットが、インターネット・オークションで売られており、出所を突き止めれば、犯人に繋がるのではと考えたのだった。その事件の通報者がブッカーだと知ったリリーは、彼に疑いの目を向ける。

04

ボス
“The House”

閉鎖された刑務所の跡地から囚人服を着た白骨死体が発見された。認識番号から死体は囚人のハンクと判明。だが、記録によると彼は刑務所内で死亡し火葬されていた。なぜか、署長を含む刑務所ぐるみの隠蔽工作が行われたのだ。そんな中、ハンクの脱獄歴が明らかになる。

03

ダニエラ
“Daniela”

ある女性が、夫が殺人を犯したと告白するため警察へやって来た。彼女は、古い8ミリフィルムに、その証拠が収められているという。捜査の結果、フィルムには若い男が女性に銃を向けている姿が映っており、撮影されたのは1979年と判明。やがてリリーらは、79年のある未解決事件へ行き着く。

02

軍需工場
“Factory Girls”

法廷担当記者のデイナが、60年以上経過したある死亡事故を掘り起こすようリリーに依頼してくる。デイナの大叔母アリスは、1943年に働いていた工場で転落死していた。しかし、アリスの元同僚マーサの証言から、他殺の可能性が浮上してきた。

01

バッドランズ
“The Badlands”

チキン・リブ店を経営するリンカーン夫妻と従業員デレク、3人が殺された事件。2003年に起きたこの殺人事件の容疑者が見つかり、予備審問が行われることになった。ところが、容疑者にはアリバイがあることが判明。リリーらは、未解決事件として再捜査を始めた。

ABOUTこのドラマについて

 「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどの大ヒット映画を連発し、ドラマ「CSI:科学捜査班」を手掛け全米視聴率ナンバーワンの座に押し上げるなど、数々の名作を世に送り出したスーパー・ヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマー。 その彼が手掛ける大ヒットミステリードラマのシーズン2。

 本作で取り上げるのは、殺人事件に時効がないアメリカで迷宮入りとなっている未解決事件、通称“コールドケース”。事件当時より発展した最新テクノロジーから、地道な聞き込みや事情聴取まで幅広い捜査方法を駆使し、事件の知られざる真相に光を当てていく。また、事件が起きた当時の社会状況も緻密に再現することで、単なる犯罪ミステリーを超えた濃密なヒューマンドラマに仕立てている。

 “コールドケース”の捜査を専門とする主人公の女性刑事、リリー・ラッシュを演じるのは「マイノリティ・リポート」「ペイチェック消された記憶」「A.I.」などハリウッド映画でも活躍する美人女優、キャスリン・モリス。単独捜査が多いリリーだが、師と仰ぐジョン・スティルマン警部補(ジョン・フィン)や、“落とし(尋問)”のエキスパート、ニック・ヴェラ刑事(ジェレミー・ラッチフォード)に力を借りながら不屈の闘志で真実に迫っていく。

 今シーズンには、各刑事の過去が散りばめられ、それぞれのミステリアスな面に光が差してくる。リリーがなぜ独身でいたいのか、ヴァレンズの心痛、スティルマンと娘の関係、ジェフリーズが刑事になったいきさつ、ベラが仕事から逃げたい理由は?職場でもリリーとヴァレンズの同僚関係に変化が現れるなど人間味深まるシーズンとなっている。

 そして、作品の面白さをいっそう盛り上げるのが、映像と音楽。各事件が起きた当時のヒット曲を使用し、登場人物の心情や犯罪に巻き込まれたものの悲しみを浮かび上がらせている。謎解きの面白さ、犯罪にかかわった人々が織りなす人生模様、そしてブラッカイマー作品ならではの充実した映像美をお楽しみに!

(全23話・二カ国語放送)

CAST & STAFF出演者・スタッフ

CAST出演者

リリー・ラッシュ刑事:キャスリン・モリス
声:田中敦子
ジョン・スティルマン警部補:ジョン・フィン
声:佐々木梅治
ニック・ヴェラ刑事:ジェレミー・ラッチフォード
声:石住昭彦
ウィル・ジェフリーズ刑事:トム・バリー
声:宝亀克寿
スコッティ・ヴァレンズ刑事:ダニー・ピノ
声:高橋広樹

STAFFスタッフ

製作総指揮
ジェリー・ブラッカイマー/メレディス・スティーム/ジョナサン・リットマン
製作
ペリー・ハスマン
監督
マーク・ペリントン
脚本
メレディス・スティーム
撮影
トム・リッチモンド
音楽
マイケル・A・レヴィン
編集
コンラッド・ゴンザレス

SEASON1シーズン1の内容

01

テニスラケット
“LOOK AGAIN (PILOT)”

フィラデルフィア市警殺人課の女性刑事リリー・ラッシュは、迷宮入りとなった未解決事件を担当している。ある時、彼女は警察を訪れたボニータという女性から、27年前に起きた殺人事件を目撃したと打ち明けられ、捜査を開始するが…。

02

通話記録
“GLEEN”

リリーを訪ねてロレインと彼女の婚約者の娘グウェンが訪ねて来る。20年前、グウェンの母はミラーの裁判での証言をできずに爆死。ミラーは証拠不十分で逮捕されず、グウェンは復讐心に燃えていた。早速、再捜査を開始したリリーは現場の分析を腕利きの鑑識官に依頼する。

03


“OUR BOY IS BACK”

98年に起きた3件のレイプ事件。ある日、迷宮入りしたこの事件の犯人と思われる人物から、犯行予告が市警本部に届く。当時の担当ヴェラと共に再捜査を始めたリリーは、被害者3人が猫を飼っていたという共通点を見つけ…。

04

靴下
“CHURCHGOING PEOPLE”

警察に保護されたアルツハイマーを患うシャーロット。敬虔なクリスチャン一家の一人だった彼女の夫は、ケンジントン街で殺害された。しかし、事件は未解決となっていた。シャーロットとその息子ライアンに同情したリリーは…。

05

ランナー
“THE RUNNER”

古いテープレコーダーに、3発の銃声と「ランナー」という叫び声が残されていた。それは、1973年に起きた警察官ジョーの殺害事件の音声と判明。リリーは再捜査を開始。するとジョーの意外な過去が…。

06

ハレー彗星
“LOVE CONQUERS AL”

1981年の殺人事件当夜の情報と交換に、ある事件で逮捕された男が、司法取引を持ちかけて来た。だが、女子高生が殺害されたその事件は、すでに有罪判決を受けた当時のボーイフレンドが無期懲役の刑に服している。男の情報を元に、事件を洗い直すことにしたリリーは…。

07

ドラッグクイーン
“A TIME TO HATE”

ヘレンが息子ダニーを殺された事件の再調査を依頼してくる。当時ゲイだったダニーは、ゲイ・バッシングに遭っていた可能性があったが、事件は葬り去られていた。調査を進めるなか、ダニーが交際していた男子学生の存在を突き止めたリリーは…。

08

蝶々
“FLY AWAY”

2年前、母子が窓から転落し、娘が即死する事件が発生。一命を取り留めたものの、母親のロージーは、昏睡状態に。事件は未解決のままだったが、ロージーが意識を取り戻し…。

09

サイン
“SHERRY DARLIN'”

ある男から、1989年に殺人を犯したという電話が入る。彼の告げた住所からは、老女の白骨死体が発見される。電話の主を突き止めたリリーは、彼から話を聞きだそうとするが…。

10

ヒッチハイカー
“HITCHHIKER”

3年前に発生した、未解決の事件と同じ手口の若い白人ヒッチハイカーを狙った殺人事件が発生。同一犯による連続殺人の線で、捜査を開始。やがて容疑者に辿り着くが…。

11

オフィーリア
“HUBRIS”

9年前不倫相手で教え子のホリーが殺された事件で容疑をかけられた元大学教授のミナードは、家も仕事も失っていた。当時の手口と酷似した売春婦殺人が発生。ミナードは、自分の汚名を晴らそうと、真犯人を捕まえてほしいとリリーの元へやってくる。

12

接着剤
“GLUED”

雪の降る中、ノートを買いに出かけた8歳の少年ティムが何者かに殴られ、意識を失い凍死するという無残な事件が未解決となっていた。事件当時姿を消した第一容疑者の黒人少年の行方を追うリリーだったが…。

13

手紙
“THE LETTER”

65年前に娼館で殺害された黒人女性セイディの孫サラ。彼女は、母の遺品の中からある手紙を見つけ、それを元に祖母の死の真相を突き止めて欲しいとやって来る。リリーは捜査をするうち、当時の娼館の娘・アーレッタから手紙について驚くべき真実を聞く。

14


“BOY IN THE BOX”

46年前、山に放置された箱から身元不明の少年の死体が発見された悲惨な事件。その資料が教会の前に置かれていた。リリーらは資料の中の写真から、死体で発見された少年は孤児院にいたのではと推理する。そして、当時その孤児院の運営に携わっていたシスターを訪れるのだが…。

15

ダンス・パートナー
“DISCO INFERNO”

1978年、当時流行っていたディスコが放火され22人もの死亡者がでた。時が経ち、その店があった場所の地中から銃弾が撃ち込まれた頭蓋骨が発見される。捜査が開始され、その頭蓋骨の主はダンスに熱を入れていた青年ベニーと判明する。リリーは、当時の彼のダンス・パートナーを訪ねるが…。

16

ボランティア
“VOLUNTEERS”

30年以上前に建設されたビルの解体工事中に、2体の白骨が発見された。捜査が開始されジュリアという白人女性とジェラルドという黒人男性のものと判明する。リリーらは、2人があるコミューンに所属していたことを突き止める。そして、当時コミューンのリーダーを務めていたアダムに話を聞くことにする。

17

脅迫電話
“THE LOST SOUL OF
HERMAN LESTER”

30年以上前に建設されたビルの解体工事中に、2体の白骨が発見された。捜査が開始されジュリアという白人女性とジェラルドという黒人男性のものと判明する。リリーらは、2人があるコミューンに所属していたことを突き止める。そして、当時コミューンのリーダーを務めていたアダムに話を聞くことにする。

18

カクテル
“RESOLUTIONS”

断酒会に通う女性が、1999年に飲酒運転でひき逃げをしたと告白した。アルコール依存症だった彼女には、犯行の記憶がない。だが、確かにその日、グレッグという男のひき逃げ事件があったことが判明する。リリーらは、当時一人だけ証言をしなかった住民の男に話を聞くことにするが…。

19

プラン
“THE PLAN”

殺人課にある紙が届く。兵学校の便箋に「プラン」と書かれたその紙には、6つの計画と「1999年ナッシュ」と記されていた。その後の調査で、1999年に兵学校の教師ナッシュが溺死していたことが分かる。果たして、「プラン」とナッシュの死の関連は?

20

取引
“GREED”

カイトの兄の友人プライスの情報をもとに、1985年に起きた大物証券マン、ダンヴィルの殺人事件を調べ始めるリリー。当時、ダンヴィルには彼に憧れる取巻きがおり、プライスもその一人だったという。しかし、調査を進めるうちに、羨望の的だったダンヴィルの虚栄の姿が浮かびあがってきた。

21

列車
“MATERNAL INSTINCT”

心理学者のリンジーから、シェーンという青年の母親が殺された1989年の事件の再捜査を依頼されたリリー。シェーンは、幼くして唯一の家族だった母を失い里親を転々としていた。そして、事件に関するシェーンのある3つの記憶を頼りに捜査を開始するリリーだったが…。

22

プラン
“THE PLAN”

殺人課にある紙が届く。兵学校の便箋に「プラン」と書かれたその紙には、6つの計画と「1999年ナッシュ」と記されていた。その後の調査で、1999年に兵学校の教師ナッシュが溺死していたことが分かる。果たして、「プラン」とナッシュの死の関連は?

23

湖畔
“LOVERS LANE”

1986年のレイプ殺人の犯人として捕まった男が冤罪とわかり、リリーらは再捜査を開始する。被害者のイヴは当時15歳だった。ボーイフレンドのマークとデート中に刺殺され、マークは軽傷ですんだ。リリーは、マークに疑いの目を向けるのだが…。

海外ドラマ特集

PAGE TOP